« 容疑者室井慎次、見に行って来ました | トップページ | 台風 »

2005年9月 6日 (火)

富士登山 お鉢巡り その3

さて、もうちょっと進むと。

バイオトイレの前に
先ほどの自販機からと思われる空き缶の山がネットの袋に詰められてました。
「あー、やっぱり商売になるんだ」と妙に納得。

しかし、ここで運命の分かれ道....
ADは迷わず左手にある道に向かって歩き始めました。
いやー、ここは下っていて楽ちんだね、こりゃ。
なんて、浮かれて歩いていたんですが、道の先を見ると....げげ!
も・も・もしかして、ここって下山道??
上を見上げると、お鉢巡りをしている人発見!
なーんて、悠長な事言ってる場合じゃないよ。
すぐに引き返して、上から来る人に

・「ここって下山道ですよねぇ?」
*「ええ、そうですよ」
・「ですよね、がっくり」
*「(哀れな人を見る目で見つつ)ガンバッテクダサイネ」
・「(泡を吹きそうな気持ちを抑えつつ)ありがとうございまふ」

しかし何だな、この登りのキツイ事ったらないよ。体力的にも精神的にも....。

やっと空き缶の山の所まで戻ってきた。
横目で「空き缶の山」を恨めしく見つつ、右手方向の道へ。
これで本来のお鉢巡りのコースへと復帰。

少し行くと、大日岳(朝日岳)と呼ばれる場所が見えます。
河口湖口・須走口から来ると、小高くなっていますので、
山頂でのご来光を拝めるスポットとして有名です。

ここの鳥居には、金剛杖に付いてくる鈴を納める(捨てる??)場所になっているらしく、
夥しいほどの鈴が鈴なりに(笑)付いていました。
ちなみにADの鈴はBEATに置いてきたので、ココにはありません。

元来た道を少し戻って、お鉢巡りのコースへと再び合流します。
所々岩の道も有るので気を付けて、と。
眼下には雲海が広がっていましたが、
天気の良いときは関東平野や駿河湾などが見えるらしいっす。
ADは雲海好きなので見えなくてもok、と強がりを言ってみる。

なだらかな坂~岩の階段を下ると、見た風景。
ふ~、(やっと)お鉢巡り完了!

自衛隊の方々と思われる服装をした一団が休んで(へばって)ました。
やっぱり大変なんですよね。

少し休んで、いよいよ下山するぞっと。

|

« 容疑者室井慎次、見に行って来ました | トップページ | 台風 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112204/5821184

この記事へのトラックバック一覧です: 富士登山 お鉢巡り その3:

« 容疑者室井慎次、見に行って来ました | トップページ | 台風 »