« 春の雪 | トップページ | 一時期、たくさん咲いた花が、 »

2005年10月30日 (日)

春の雪を見てきました

春の雪を見てきました。
不自然なスペースは、ちょいネタバレです。

時間に余裕を見て出かけたにもかかわらず、
いざチケ売り場の前に行ったら、すでに△マーク。(汗)
順番が回ってきて必要枚数を告げると2-3列は隅っこ、最前は何処でもok状態。。
アイドルタレントのコンサートなら最前でも良いかもしれんが、映画は、なぁ・・・。
でも隅っこで音のバランスが崩れるのも嫌だ。
仕方なく最前を告げ購入。
あー、ネット予約しておけば良かった・・・。
後悔先に立たず。
しかしレイトショーの最終回なのに、何なのだ?この大盛況は、、、
あ、妻夫木か。よくTV出てたもんなぁ。

さて内容は?と申しますと・・・。
流石三島由紀夫です。


幼さからくる自分の気持ちへの嘘、
意地を張ったがゆえに後戻り出来なくなる運命への道、
そして悲恋・・・。
涙無くしては語れぬ
三島ワールドへ
皆さんも出かけてみませんか?

キャスティングは言うに及ばず、
カメラワークが素敵です。
自然(風景)の色、人物の捉え方(アングル)、
チョット違うな?と思ったら台湾の方なんですね。

妻夫木の冒頭→後半にかけての表情の変化、
若いのになかなかやりますな。

竹内結子は、お嬢様っぷりを余すとこなく発揮し、可愛く映ってますよ。
この作品以降は、しばらく見られないでしょうから、
ファンの方は見に行きましょう。(笑)



--------------後悔先に立たず--------------
この一言に尽きます。
人生一度きり、
後悔してもしきれない選択だけは避けたいモノです。


ちなみに最前で見ると、すげーアップ。当たり前か・・・(笑)
ほんの小さな顔の質感も見え過ぎちゃって、どうしましょ、って感じ。
スローテンポな映画でも酔います。

帰りにパンフとペア根付けを買って参りました。
DSC01688
映画を見る前は何とも思わなかったけど、
何故か買いたくなりました。
でもどうしよう?・・・これ。
このまま使わない方がよい気もします。

|

« 春の雪 | トップページ | 一時期、たくさん咲いた花が、 »

コメント

原作買ってきちゃいました。情報量が多くて時間がかかりそうです。

投稿: xina-shin | 2005年10月30日 (日) 10:44

xina-shinさん、いらっしゃいませ~
行定監督の舞台挨拶、臨場感が有って良いですね。
そういう場に参加出来る方が羨ましいデス(はふ~)
原作も折を見て読もうと思います。

投稿: AD#1@中の人 | 2005年10月30日 (日) 17:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112204/6744810

この記事へのトラックバック一覧です: 春の雪を見てきました:

» 「春の雪」行定勲監督 舞台挨拶レポート [xina-shinのぷちシネマレビュー?]
10月18日月曜日、ファボーレ東宝にて『春の雪』の試写会が行われました。「行定勲」監督の舞台挨拶もあわせて行われました。 当初19時10分より舞台挨拶の予定だったらしいのですが、18時50分ごろアナウンサーの方が壇上に上がられ、監督の乗る飛行機がまだ富山空港に到着していないため少し遅れるかもしれないとアナウンスがありました。(富山空港からファボーレまでは車で15分ぐらいでしょうか。比較的近い距離だと思います。) ... [続きを読む]

受信: 2005年10月30日 (日) 10:43

» 「春の雪」妻夫木くん&竹内結子の頑張りは解るのだが・・・ [エンタメ情報 メッタ斬りぎり]
ご無沙汰です~。ここんところ仕事が超忙しくて更新できませんでした。 「はぁ~、何か会社辞めたいなぁ・・・」、などとぼやきつつも、久々に更新します。 今日は待ちに待った「春の雪」です。 「春の雪」 監督:行定勲 原作:三島由紀夫 撮影:リー・ビンピン 出演:妻夫木聡 、竹内結子 、高岡蒼佑 、大楠道代、岸田今日子、及川光博 、若尾文子 三島由紀夫原作である「豊饒の海-春の雪」の映画化ニュースを聞いた時は、「え、超楽しみ!」と言う思いと、「今の時代には無理なのでは?」の... [続きを読む]

受信: 2005年10月30日 (日) 18:23

» 春の雪 [お気楽極楽スクリプト]
「愛しては、ならない。」このキャッチコピーが全て。「世界の中心で愛を叫ぶ」や「北の零年」で、いま飛ぶトリ落とす勢いの映画監督 行定勲フィルム「春の雪」は、あまりにも儚く哀しく美しい、愛の物語。観ました。泣けました。... [続きを読む]

受信: 2005年11月 3日 (木) 02:49

» 『春の雪』を観て来ました! [☆★☆風景写真blog☆★☆healing Photo!]
 2005年11月1日 『春の雪』 観賞レビュー 春の雪 瀬をはやみ 岩にせかるる滝川の われても末に 逢わむとぞ思ふ 崇徳院 (すとくのいん) 2005年10月29日(土) 全国東宝洋画系ロードショー 2005年/日本 配給:東宝 『北の零年』の行定勲監督が 文豪・三島由紀夫の遺作に挑戦 今年、生誕80年没後35周年を迎えた 三島由紀夫の遺作「豊饒の海」シリーズの第一作 『春の雪』を映画化 大正初期の上流社会... [続きを読む]

受信: 2005年11月 3日 (木) 13:50

» 「春の雪」心に雪は積もらない [soramove]
「春の雪」★★★☆ 妻夫木聡、竹内結子 主演 仰向けに小船に寝そべる 主人公の恍惚にも似た 表情が画面を横切る そして幼なじみの聡子が あでやかな着物で登場、 彼女の顔を今度は下から ゆっくりとカメラは横切っていく。 どのシーンもひとつの絵のよ...... [続きを読む]

受信: 2005年11月 6日 (日) 12:22

» 邦画「春の雪」にタイの若手俳優が出演 [白田麻子のアジアな毎日  Asia Entertainment Diary]
以前からこのブログに書いてきましたが、今週土曜日公開のこの映画に、タイの若手人気俳優が二人出演しています。ひと足お先に試写を見てきました。付き合いもあって、2回も。 春の雪公式サイト (ブログの制作日誌には2人の話も、ちょっと書いてあります。)  ひとりは、アヌチット・サパンポン(「風の前奏曲」・「メコンフルムーンパーティー」  もうひとりは、スイニット・パンジャマワット(「快盗ブラックタイガ�... [続きを読む]

受信: 2005年11月 6日 (日) 21:33

» [ 春の雪 ]子どもっぽいオトコと潔いオンナ [アロハ坊主の日がな一日]
[ 春の雪 ]吉祥寺で鑑賞。三島由紀夫の傑作「豊饒の 海」シリーズの映画化。時代に翻弄された恋というテーマ を一段と重〜い感じで仕上がっている。 [ せかちゅう ]の行定監督に主演が妻夫木聡、竹内結 子。主題歌を宇多田ヒカルが歌えば、若者は集まるでしょ う。たぶん。 大正時代の貴族たちの高貴で絢爛たる雰囲気とゆるかやな 時間の流れを感じる映像。台湾のカメラマン、リー・ピン ビンの移動車による撮影がこの作品にははまっていた。 犬や蝶の死骸、春画(浮世絵)などをメタファーとして... [続きを読む]

受信: 2005年11月 9日 (水) 01:11

« 春の雪 | トップページ | 一時期、たくさん咲いた花が、 »