« 2005年10月23日 - 2005年10月29日 | トップページ | 2005年11月6日 - 2005年11月12日 »

2005年10月30日 - 2005年11月5日の10件の記事

2005年11月 5日 (土)

富士下山 その4(BlogPet)

今日ネットで足首などをグキッしたかった
足首グキッ..
イテ〜
っ!!反射的に足の力を抜いて足首に全体重とか大きい全体重が掛からない様.......

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ミミちゃん」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Zガンダム-恋人たち-を見た訳だが・・・

何と言えば良いのだろう・・・
ADは20数年前の、いわゆるファーストガンダムのTV版は見ていない。
しかし劇場版は見た。
後にTV版を見て、
「映画にはククルスドアンの島は無かったが、(笑)大差ないな」と言うのが正直な感想だった。

ファースト~の続編であるZガンダムのTV版も見ていない。
そして今回この劇場版を見た訳だが、
TV版を見ていないADが、とても疑問に思うシーンが何ヶ所もあった。
「さっきまであそこに居たのに、場面が変わったとたん何故、此処にいるの?」
「ララァと同じような位置付けにあると思われるフォウ・ムラサメとのシーンは
本当にその程度でよいの?」
話の流れがブチブチで混乱します。
これは、この前見たZガンダムI にも言える事。

今回の尺が
98分、これだけ詰める必要性があったのだろうか?
通常の映画は約120分
、あとの20を上手く使えば、もっとまともな映画になったであろうと思うのは
ADだけではないはずである。


以上のことから、ガノタ以外はオススメしません。できません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月 4日 (金)

Zガンダム-恋人たち-

周年記念日とかで¥1,000均一♪になってたので見に来ました。
こう言うのは積極的に利用せねば(笑)
nov04_2105.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (1)

富士下山 その4

足首グキッ....。イテ~っ!!

反射的に足の力を抜いて足首に全体重が掛からない様にしたので、
全く動けなくなるまでは至らずに済んだ。

けど、暫く動けない、声も出ない、涙も出ない。
お誂え向きな大きな岩が有ったので、這うようにして脇に逸れベンチ代わりに腰掛ける。
ここで宮里藍ちゃん御用達のエアサロンパスを足首と膝にぶっかける。
と言っても、膝部はバイオテックスの上からなので、
上手く浸透していない模様。
パウダー配合ゆえバイオテックスが白くなる(笑)

いくら人の少ない御殿場口と言ってもズボンを下ろし、
タイツ(バイオテックス)を脱いで、パンツ丸出しするのは躊躇しますよ。(汗)
仕方がないので、ちょっと進んではエアサロンパスを掛ける作戦で行く。

ピョン、ピョンとズル、ズルを繰り返しながら、
えいやっと御殿場口下山道と宝永山登山道の分岐にたどり着く。

前方には宝永山が見える。
実は無謀な計画とは、富士山と宝永山の両方を
一度に登ってしまおうという魂胆。
しかし、この時点でADは、かなりヘロヘロ状態。
だが、引き返す訳にはいかないのだ。
引き返す=もう一度登山をする、だから(爆)

つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月 3日 (木)

富士下山 その3

さて、ここからは御殿場口の特徴は「砂走り」。

この道は砂礫(細かい砂の様)になっていて足首くらいまで潜るので、
足に掛かる負担が軽減されます。
ここで少しペースを上げて砂
の上を走ります。
をっと!その前に登山用スパッツを装着。
スパッツと言ってもタイツ状のアンダーウェアでは無いんですよ。
砂礫が足首から靴の中に入らないように、靴の上から足首をすっぽり被せてしまう。
そうすれば、靴の中に砂礫が入らず、快適に下山出来ます。
これが無いと....ちょっと進んでは靴を脱いで砂礫を出すを繰り返す。
何回かやっているうちに面倒くさくなる。
そのまま行ってしまえ、ってなるけど進む度に大量の砂礫が入り、
それが足全体に食い込んで耐えられなくなるんです。

御殿場口の砂走りを駆け抜ける場合は必須アイテムですね。
さて、スパッツを装着し準備ok。
金剛杖を上手く使って、膝に負担が掛かるのを回避しながら下ります。

しかし、膝を曲げると痛いぞ(涙)
それなら!と膝を曲げないで飛ぶように走ってみると....
お!なかなか良い感じ♪
ピョーン!、ピョーン!と調子に乗って飛んでると、げげっ!着地点にコブシ大の石が!
こんな時に限って運悪く石の上に乗っちゃってサ....。
足首グキッ....。イテ~っ!!

つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月 2日 (水)

大人買い♪

近所のスーパーにぷらっと寄ったら、何となくスナック売り場が気になって。
すいっとコーナーに入ったら「我らの暴君ハバネロ様」は、安売りされていた。
すかさず買い物かごを入り口まで取りに戻って、素早くかごに入れる。
レジまで持って行き、明朗会計。
貰ったレジ袋に
どかどか入れ何食わぬ顔で帰路につく。
しかし周りは夕飯のおかずを買いに来ているおばちゃんばかりだったので、
ちょいと恥ずかしかったぞ。
これで当面、「ハバネロ様」不足は解消されるな。
DSC01793 さて、いくつあるでしょう?(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年11月 1日 (火)

今日は映画の日

こんな日は、最近めっきり見なくなった洋画でも見ようか(笑)前からちょっと気になってたステルスを見に来ました。nov01_2101.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

続・続・WILLCOMの本物のアンテナが自宅にキターっ!

WILLCOMの基地局工事第3弾
結構待たされました(笑)
原因はクレーン車。 手配が上手く行かなかったとの事。
 
で、早速クレーンでアンテナ部を吊ります。
DSC01696 DSC01702 DSC01705
もう一方で、バケット車が待機、そしてキャッチ!素早くボルトで固定します。
DSC01713 DSC01716 DSC01718
クレーンで吊っていたベルトを手で外し、アンテナから伸びているケーブルの再チェックをしています。

でも、これって高さがビルで言うと3-4階位の高さなんですよ~・・。
前回の時に「上に登って怖くないですか?」って聞いたら、
「皆さんは下を見るから怖いんです。下を見なければ怖くないですよ」って言ってました。
そんなモンかなぁ。
10年位前にオーストラリアでバンジージャンプやった時も、
あやしいニポン語でそんな事言われて前見てたけど、やっぱり怖かったぞ!(その時は40メートル位だったかな?)

--------------バンジーに関する追記--------------
まさにここの場所
44メートルだったよ。
公園内の小さな池をめがけて飛ぶの!
英語で「泳げるか?」って聞いてきたから、「泳ぎは得意だ」って答えたさ。
(笑)
そしたら池に落とされた(笑)(普通はギリギリで止める)
おかげで ずぶ濡れになったけど、今となっては楽しい思い出だ(しみじみ)
--------------15:58--------------

避雷針から伸びている導線をはわせ、アースします。(休憩を挟んだので、すっかり快晴になってる笑)
DSC01744 DSC01746 DSC01781
途中の箱を開けてチェックしてます。
まだアンテナから伸びるケーブルは上にあるので、手順のチェックかな?
取りあえず、ここまで。
--------------追記
先程よく見たらアンテナからの配線は箱まで来てました。
後は箱から近くの電柱へと線を延ばして、電源?と電話線?を繋ぐだけでしょう。
18:16

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月31日 (月)

一時期、たくさん咲いた花が、

たわわに実をつけています。
DSC01690
こちらは、その一部。

一方で、木の下の方の葉っぱが、かなり落ちてしまって
DSC01692
見にくくてアレですが、この通り

最近は夜は
チョット冷え込むので、夜中だけ部屋に入れてます。
気温は、
天気の良い日22-24度C 
曇り-雨の日20度C前後
夜14-15度C


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月30日 (日)

春の雪を見てきました

春の雪を見てきました。
不自然なスペースは、ちょいネタバレです。

時間に余裕を見て出かけたにもかかわらず、
いざチケ売り場の前に行ったら、すでに△マーク。(汗)
順番が回ってきて必要枚数を告げると2-3列は隅っこ、最前は何処でもok状態。。
アイドルタレントのコンサートなら最前でも良いかもしれんが、映画は、なぁ・・・。
でも隅っこで音のバランスが崩れるのも嫌だ。
仕方なく最前を告げ購入。
あー、ネット予約しておけば良かった・・・。
後悔先に立たず。
しかしレイトショーの最終回なのに、何なのだ?この大盛況は、、、
あ、妻夫木か。よくTV出てたもんなぁ。

さて内容は?と申しますと・・・。
流石三島由紀夫です。


幼さからくる自分の気持ちへの嘘、
意地を張ったがゆえに後戻り出来なくなる運命への道、
そして悲恋・・・。
涙無くしては語れぬ
三島ワールドへ
皆さんも出かけてみませんか?

キャスティングは言うに及ばず、
カメラワークが素敵です。
自然(風景)の色、人物の捉え方(アングル)、
チョット違うな?と思ったら台湾の方なんですね。

妻夫木の冒頭→後半にかけての表情の変化、
若いのになかなかやりますな。

竹内結子は、お嬢様っぷりを余すとこなく発揮し、可愛く映ってますよ。
この作品以降は、しばらく見られないでしょうから、
ファンの方は見に行きましょう。(笑)



--------------後悔先に立たず--------------
この一言に尽きます。
人生一度きり、
後悔してもしきれない選択だけは避けたいモノです。


ちなみに最前で見ると、すげーアップ。当たり前か・・・(笑)
ほんの小さな顔の質感も見え過ぎちゃって、どうしましょ、って感じ。
スローテンポな映画でも酔います。

帰りにパンフとペア根付けを買って参りました。
DSC01688
映画を見る前は何とも思わなかったけど、
何故か買いたくなりました。
でもどうしよう?・・・これ。
このまま使わない方がよい気もします。

| | コメント (2) | トラックバック (7)

« 2005年10月23日 - 2005年10月29日 | トップページ | 2005年11月6日 - 2005年11月12日 »