« 上手くいかないものだね・・ | トップページ | バトンよ、作戦だったのか »

2006年4月 3日 (月)

かるびー vs こいけや 梅対決

ちょいと前にコンビニに寄った時、目について買ったものがこちら
Dsc02298
左)カルビーかっぱえびせん つぶつぶ梅をトッピング 紀州の梅
右)湖池屋ポテトチップス 
  紀州産南高梅使用 日高産こんぶ使用 赤穂の天塩使用 梅こんぶ味 (長いな)

どちらのパッケージも、ほんわか梅色に染め、お約束の梅干しの写真を載せ、
これまたお約束の「※パッケージの写真はイメージです」の文言。
今の世の中、この文言が無きゃ始まんないね♪

で、2ついっぺんに買ってきたからには、やっぱり食べ比べしないと
(笑)
ばりばりパッケージを開け、おもむろにがっつく。

かっぱえびせん
 「つぶつぶ梅をトッピング」って言ってるだけ有って、
 梅特有のすっぱ味がいきなり来る。
 かじればお馴染みのかっぱえびせんに戻り、安心する(笑)

湖池屋 ポテトチップス
 こちらは「梅」と「こんぶ」を使っている。
 もちろん酸っぱさが無い訳ではないが、こんぶも同時に使用しているので、
 その旨味により酸っぱさがスポイルされてしまっている感が否めない。
 もちろん不味いという訳ではない事は、ここに記する迄も無い。
 
酸っぱさのパンチが欲しい方は
 「かっぱえびせん 紀州の梅」を

酸っぱさと同時に旨味も欲しいという欲張りさんは
 「湖池屋ポテトチップス 梅こんぶ味」をどうぞ♪
 

なお、
「かっぱえびせん 紀州の梅」は期間限定故、
時期、地方により入手しづらい、または入手不可能の場合があります。

|

« 上手くいかないものだね・・ | トップページ | バトンよ、作戦だったのか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112204/9415507

この記事へのトラックバック一覧です: かるびー vs こいけや 梅対決:

« 上手くいかないものだね・・ | トップページ | バトンよ、作戦だったのか »