« 初日は、 | トップページ | 劣化コピー »

2006年9月15日 (金)

エタノール製造新技術

原油高による化石燃料の価格が引き上げられて久しいですが、
いつまでも化石燃料だけに頼るのは無理がある。

そこでHONDAは考えた
大気中のCO2総量に影響を与えないバイオエタノールを効率良く製造出来ないか・・・と。
考えるまでは、どの研究所もやっていると思う。
それを実現するのが難しいから苦労するのだが、
HONDAは・・・やってしまった(笑)

詳しくはリンクを読んでもらうとして、
サトウキビやとうもろこしの糖質や澱粉質など食用で造られるバイオエタノールは沢山あるが、
食べられるものを使っては食糧供給の面でも割に合わない。

そこで、これまで困難とされてきた、稲藁など、食用に供さない植物の茎や葉を使って
バイオエタノールを造ってしまおうと。

ハイブリットだけ造ってるだけじゃ追いつかないですからねぇ>T社
問題解決は多角的に行かなきゃ☆

--------------------------
RITEとHonda、セルロース系バイオマスからのエタノール製造新技術を共同開発

財団法人 地球環境産業技術研究機構(RITE)とHondaの研究開発子会社である株式会社 本田技術研究所(以下Honda)は、植物由来の再生可能資源であるソフトバイオマス※1からエタノールを製造する技術に関する共同研究の成果を発表した。

バイオエタノールは燃焼時に放出されるCO2が、もともと植物が光合成により取り込んだもので、大気中のCO2総量に影響を与えない為、カーボンニュートラルな燃料として、地球温暖化対策に有効なエネルギー源として注目されている。

現在のバイオエタノール製造は、サトウキビやとうもろこしの糖質や澱粉質など食用と同じ部分を原料としているため、供給可能量に限りがある。

今回の共同研究では、これまで困難とされてきた、稲藁など、食用に供さない植物の茎や葉といった、ソフトバイオマスに含まれるセルロース類※2からアルコール燃料を製造する技術の基盤を確立し、実用化へ大きなステップを踏み出した。

以下略

※1         ソフトバイオマス
生物由来の再生可能な有機物資源で化石資源を除いたものをバイオマスと言う。狭義には家畜糞尿や廃木材や、食用部分を取り除いた後の植物の残渣などを指す こともある。もともと生物が光合成により大気中のCO2と水から生成した有機物であり、これを燃やしても大気中のCO2は増加しない。

※2         セルロース類
植物の繊維質の主成分。天然の植物質の2/3を占めると言われるが、これまでの技術ではアルコール製造の原料とすることが難しかった。
--------------------------

|

« 初日は、 | トップページ | 劣化コピー »

コメント

石油は古代の植物。エタノールは現在の植物で出来ているんですよね。我々人間が豊かに暮らすには(衣・食・住)、植物の力を借りなければいけない。普段身近にありすぎて感じることがないのですが、植物って偉大ですね。
エタノールは水と混ざるから、ガソリン車のようにタンクへ『水抜き剤』を入れなくてイイですね。

投稿: タカヒ | 2006年9月16日 (土) 11:08

きのうAD#1で、化石されたみたい…
ここまでAD#1は化石したいです。

投稿: BlogPetのミミちゃん | 2006年9月16日 (土) 16:24

タカヒ さん
全く持ってその通りですね。
もっと感謝せねば!(汗)

水抜き剤代わりの点は、そう言う事もあったのですね(笑)
気付きませんでしたm(_ _)m

投稿: AD@中の人 | 2006年9月17日 (日) 00:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112204/11910364

この記事へのトラックバック一覧です: エタノール製造新技術:

« 初日は、 | トップページ | 劣化コピー »