« 2006年4月30日 - 2006年5月6日 | トップページ | 2006年5月14日 - 2006年5月20日 »

2006年5月7日 - 2006年5月13日の9件の記事

2006年5月13日 (土)

全日本蹴球団

ワールドカップドイツ大会に向けて
国内最後の強化試合だったらしいけど、どうなのさ。

相変わらず点を取れなかったねぇ
これで予選グループ突破出来るの?
目標はベスト4?
大丈夫?
怪我あがりの人、選ぶの?
止めといた方がよくね?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

CACAO99%(BlogPet)

きょう、blogしたかも。
きょうAD#1の、プロフィールにblogするつもりだった?

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ミミちゃん」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月12日 (金)

暴君ハバネロ チップじゃ!とっとけ!

コンビニで以前見かけたけど、
最近見あたらなくなっていたのでなかなか試せなかったブツ。
巡り会ったので買ってきた。

今までのはリングになっていたけど
これはいわゆるポテトチップの形状をしたもの

ノーマルの黒パッケージに比べて・・・
Dsc02505こちらは金ですよ金(笑)
気合いの入り方が違います(笑)

しかもネーミングが「チップじゃ!とっとけ!」
日本じゃほとんど習慣がないチップ制度と、
ポテトチップのチップを掛けてある訳だ。
ハバネロ様らしいぜ(笑)

早速バリッと開けておもむろに食らう!

触感はオーザックに似ているか。
決して、ポテトチップみたいなスライスした物ではない
うん、辛い。
少し「しょっぱ味」が強いかな
軽い食感なのでバリバリいけるが、
一応ハバネロなので(笑)早々進む訳にも行かないのがミソだ。
徐々にノドの奥に辛さが溜まっていく感じか。
常備している?PEPSI NEXで時々癒やしながら完食。

数量限定らしいので興味のある方、お早めに。
あ、辛いッスよ(笑)
お気を付けてヽ(^o^)丿


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月11日 (木)

PAIR SLOPE x HYODコラボ・ジャケット PSH-001

2月末にヒョードーさんの店から
セールのハガキが届きませんでしたか?
ここを見て下さってる方の何人かは
届いたかと思います(笑)

その表側にPAIR SLOPE x HYODコラボ・ジャケット発売!
の告知が載ってました。

AD#1は既にペア・スロープ社のスウィングジャック
(いわゆる革ジャンね)を1着持っていて、
P社のクオリティーの高さは知っておりましたので、
その点では問題なっしんぐ。
Dsc02497 ペアスロープの裏地は、ちょっぴり派手(笑)
PAIR SLOPEと言えば、MADE IN JAPANに拘り
機能的なライディング・ジャケットを造る工房として多くのファンに支えられています。

今を去ること10数年前。
当時のmonoマガジンの雑誌広告で存在を知りました。
広告のセンスの良さとMADE IN JAPANに拘る頑固一徹の考え方が気に入り、
通販で買えるにもかかわらず、東京のお店まで行って直接買ってきました。
それが↑の革ジャン。
--------------------------
STP-95 スウィングジャック
タウンカジュアルのスタイルに、
ライディング機能を備えたペアスロープ定番モデルのひとつ。
暖かな日でも着用できるよう、
背後にファスナー調節式のベンチレーションを装着。
QUALITY:ステア牛革+ポリエステル
PRICE:¥85,000
OPTION:ベスト型防寒サンテートライナー¥8,000
※当時のカタログより抜粋 ※価格は当時のまま。

--------------------------
このモデルは10数年前のモデルの為、残念ながら既にカタログ落ちしてます。
東京のお店には若干の在庫も有りますので、
もしかしたら?奇跡的に手に入るかも?しれません。(多分無理)

365日の内、250日以上は着ていると言っても過言では無い、
そのくらい好きな革ジャンです。
AD#1がいつも着ている、あの黒い革ジャンです。

数年前、そのハードな着こなし故、ついにジップがイカレテしまいました。
どんな風にイカレたかと言うと、
ジップを上げると下の方から勝手に開いてくるという、
何とも間抜けな格好に成るのです。

数年前、MEET THE BEATに行った帰りに、
ペア・スロープに寄って預けてきました。
裏地も一部擦り切れつつあったので、
その部分に革を当てて貰うようにお願いしてきました。

今はしっかり直っています。

一方HYODと言えば新進気鋭のブランド。
某社の革ツナギの製造を10数年間陰から支え、
技術とノウハウは実証済み。
近年急速にユーザーを増やしているところを見ても、
見逃せない存在になっています。

http://www.hyod-sports.com/

ちょうど革ジャン以外のライディングジャケットを探していたので、
物欲がムラムラモリモリ沸いてきてしまいました。
だってカッコイイんですもの。
オイラでなくてよ(笑)ジャケットが、ね。

気になる製品の詳細は、こちらをじっくり見て発売日を待ちます。
かなり拘って造られた事が分かります。
数もかなり限られたものになるらしい...。

なになに?数量限定?
ほほー、そう言われると余計に欲しくなるなぁ。
色はアイボリーベージュとミディアムグレー(2006年の新色)の2色か。
アイボリーも捨て難いけど、汚れが目立ちそう。
ここは一つ狙いを絞ってシックなグレーで行きますか。

PSH-001 HYODコラボレーションモデル
--------------------------
シンプルなツーリングジャケットを得意とするペアスロープと、レーシングスーツのトップブランド“HYOD”のノウハウを注いだスペシャルモデル。肩・ヒジにレーシングスーツ用の着脱式パッドを内蔵しながらも、着心地・シルエット共に犠牲にせず作り上げた渾身の意欲作。ベンチレーション、セキツイ保護パッド装備。
※パッドを正しく機能させるため、腕廻りは若干細めです。(Dシリーズほどのタイトフィットではありません)

・QUALITY
 表地-テフロン加工スーパープロテイン
   テックスナイロン
 裏地-ポリエステルメッシュ
   HYOD製プロテクション装備    

・SIZE S,M,L,LL,3L〔極少数限定生産品〕
・COLOR ミディアムグレー、アイボリーベージュ
・PRICE     ¥38,500

--------------------------

で、あっと言う間に発売日(3/12)(笑)
兵頭さんのお店の開店は朝10時。
数量限定なので気合いを入れていこう!
当日はバイクで行こうと思っていたが、
朝からグズグズした天気で何ともはっきりしない。
安全策を取ってアクティで行くことに。(何故アクティかは秘密)

アクティは飛ばす車じゃない(思いっきり仕事車)ので、マターリと。
って言ってる間に到着~( ゚∀゚)
時計を見ると...8時?(汗)...気合い入りすぎだって!
当然周りには誰も居ないし車、バイクもない。
入り口にはコラボジャケット発売の告知チラシが有るだけ。
要約すると「予約は受けないよ! 並んで待っててね」みたいな事が書いてあった。

不安に成りつつもマターリしてると店員さんが出勤してきたので、
直撃インタビュー。
「30分前に入場整理券を配るから、それまで並んで待ってて下さい」と。
※入場整理券とは、お店の中に入る順番を決める券。
  あくまで入る順番だから、
  他に気を取られているとお目当てのモノが取られてしまうという危険なもの。

さらに待っていると徐々に人が集まりだしてきた。
すぐ後ろの方に話を伺うと、「隣の県から来た」との事(;゚Д゚)
しかも前日に下見を兼ねて予約出来ないか聞きに来たらしい。
さすがに出来なかったので、展示する場所を事前に教えて貰った、と言っていた。
もちろんAD#1も抜かり無く聞き出したのは言うまでもない(笑)

整理券をいただきます。
Dsc02499 これ以上若い番号は無い(笑)

開店10分前に再整列する事を確認して一時解散。
近くに有るコンビニに行って腹ごしらえ。
コンビニむすびをパクつく。

あっと言う間に10時。
店員さんに整理券を渡し、一目散にジャケットの在処へ!
自分はグレー目当てだが、後ろの大半がアイボリー目当て。
一応LとMを取って試着
AD#1の体型はLとMの、どちらにも当てはまる最もやっかいな体型。
着てみるが腕の丈がどちらも同じくらいな長さ?
しかし胸囲はMがきつくLの方がしっくり来る。よってLに軍配。
そうこうしているうちに瞬く間にアイボリーが消えたが、
グレーは数着有り(;´Д`)
その後ゆっくり店内を見て回るが、バタバタしていて落ち着かないので、
ささっと会計を済ませて帰路へ。

自宅でしこたま試着を繰り返してニヤニヤしたのは言うまでもない事実(笑)
Dsc02495 こちらの裏地もちょっぴり派手(笑)
Dsc02496 ←コラボの証♪

何故今頃になって3月12日の話を書いたかというと・・・
JCBカードの2回支払いが、めでたく済んだから♪(2回まで無金利)
急な話だったから、現金持ってなかったの(笑)

・・・後日談・・・
このコラボジャケット、凄い人気で
東京のペアスロープでは発売後2日で完売したそうです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年5月10日 (水)

以前スモモ

以前スモモの花を撮りましたが、
良く見ると同じ木に実がなっていました♪
夏くらいに食べ頃に成るらしいです(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年5月 9日 (火)

CACAO99%

mixi仲間のアッティーさんのプロフィールの名前の所に
カカオ99%って書いてあったから、何だろう?って思っていたんですよ
(いまはオレンジ99%になってる)

でぐぐってみたら、、、
これがまた近頃ネットや巷で話題沸騰のチョコレート
それがカカオ99%の事だった訳ですね

いろんなメーカーから出ているらしいけど、
ここはやっぱりあれですよ、チョコレートは明治♪って事で。
明治製菓のカカオ99%にチャレンジ(あふぉ)

売り場の横を見ると86%、72%と有ったので当然それも(笑)
99%のパッケージには、Dsc02488
なんて言うCAUTIONがわざわざ書いてあるもんだから、
びびって基本のミルクチョコレートも買った。(笑)
それにしても板チョコ買うの何年ぶりだろ?それこそ10数年ぶりかも??

さてさて並べて写真を撮ってみる。
Dsc02487 
カカオ99%が小さい事がお分かりか?
しかも小さい態して金額は一番高い。
カカオ99%…¥198(Tax in)
カカオ86%…¥168(Tax in)
カカオ72%…¥168(Tax in)
ミルク ……¥ 92(Tax in)

箱を開けて中の銀紙を見ると、それぞれ色が違う。
Dsc02489 Dsc02490
カカオ99%…金
カカオ86%…チタン?
カカオ72%…緑
ミルク ……普通に銀

それぞれの銀紙を開けて、チョコの色比較
Dsc02493 分かりにくいかもしれないけど微妙に違う
カカオ99%…真っ黒
カカオ86%…焦げ茶
カカオ72%…茶色
ミルク ……チョコ色(笑)

一箱当たりの含有ポリフェノール量
カカオ99%…1,700mg
カカオ86%…2,100mg
カカオ72%…1,700mg
ミルク ……  650mg

一箱当たりの含有エネルギー量…重量
カカオ99%…290kcal…45g
カカオ86%…381kcal…65g
カカオ72%…412kcal…70g
ミルク ……395kcal…70g

で・・・気になるお味は?
・カカオ99%…
パッケージには「ゆっくり溶かせ」なんて書いてあったが
そんなまどろっこしい事はしない(笑)
一かけ口に入れて、ガリガリ食らう!
CAUTION:苦みの感じ方は個人により違います。
カカオ99%は一般的なチョコレートに比べ非常に苦い物となっております。
お試しの際は、まず少量をゆっくり慎重に口に入れ味を確認の上、
自分に合った適量をお楽しみ下さい。
この記事に書いてある事を実践しショックによる発作、気絶、または死亡に至っても、
当方は一切の責任は負わない事とします。

いや~~パンチ効いてるわ、こりゃ。
笑うしかないもんね、苦すぎて(笑)
でもね、これって意外にいけるよ>オイラ的には
癖になるかもしれない。
パンチドランカーみたいなモノだね。
ただし!途中で甘いモノ食べると挫折して99%に戻れなくなる(笑)

・カカオ86%…かなり苦いビターチョコ
ほんの少し甘さがある分、かえってこっちの方がつらいかも(99%比)

・カカオ72%…少し甘めのビターチョコ
あくまで99,86に比べると、ですよ(笑)
3つの中では、これが一番食べやすい。

・ミルク…お子様も安心して食べられる極々一般的なチョコレート
これはコメント入らないですよね(笑)
明治のミルクチョコは今年発売80周年だそうです。
1926,1931,1940,1955の各年代のパッケージが
復刻版として用意されて居るみたいです。

で、AD#1的に一番のオススメは・・・
カカオ86%です。
一箱で2,100mgのポリフェノールを摂れますし、
99%を経験しなければ(笑)これが一番美味いと思う。
72%も捨てがたいけどポリフェノールとエネルギーのバランスが悪い。

まぁどれを試すにしろ、
一度に4種類のチョコレートは食べない事
だ(笑)
栄養摂りすぎで頭がクラクラするよ⊂⌒~⊃。Д。)⊃

| | コメント (8) | トラックバック (1)

2006年5月 8日 (月)

にゅるぶるくりんく

フェラーリ/シューマッハは完全復活ですな。
マッサも初表彰台。おめでトン♪
調子の良いチーム/人が増える事は、実に喜ばしい事。

アロンソはエンジン温存走行か、なかなかやるな。
次回は母国GPだから
どんな走りを見せるか楽しみだね。

それに引き替えホンダは・・・怒る気にもなれんが一応一言。
エンジン屋の作ったエンジンが壊れてどうすんじゃい!
それともバトンの走り方に問題有りなのか?
バリケロは・・・5位か。まぁ、がんばった。

SAF1
早くSA06投入してやれよ。
シーズンの1/3終わっちゃうぞ。
井出は顔とクビ洗って出直せ。
モンタニーは・・よく分からんね。もうちょっと様子見。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年5月 7日 (日)

楽器博物館

天気予報通りの雨になったので(涙)
浜松にある楽器博物館に行ってきました。(大人¥400 中学生以下¥0)

以前にも行った事が有りましたが、
3月くらいにリニューアルしたという事を聞いたので、
ちょいと覗きに、ね。

入り口でmp3を使った解説プレーヤーを無料で貸してくれます。
展示してある楽器の所々に番号が張ってあるので、
テンキーで指定しプレイを押すと、その楽器の音色が聞けます。
これは是非借りましょう!

入ると、いきなりデカイのがあります。(前は無かった気が・・・)
Dsc02472 Dsc02473
ジャワ島のガムラン
Dsc02476 Dsc02477
こちらはバリ島のガムラン

スーホの白い馬―モンゴル民話でお馴染みの
Dsc02478 馬頭琴
Dsc02479 読んで字の如く、馬の頭の彫刻が彫って有る

ヴェトナムの「ダン・バウ」
Dsc02482 Dsc02483
装飾がとっても綺麗な一琴です(弦が一本しかない)

水島上等兵でお馴染みの
Dsc02484 竪琴
実際にはお坊さんが弾くのではなくて、
本職の演奏者が居るんだって。

------------以下、展示品に入り込んでしまったので写真無し(笑)-------------

地下二階にはピアノや、
オーケストラで使用する楽器等の歴史的変化が辿れます。
こちらでは時間帯によって学芸員さんによる鍵盤楽器の歴史の解説を聞けます。
実際に楽器を弾いてくれますので、
時間がマッチしたら是非聞いてみて下さい。
わぉ!って成る事請け合いです(笑)

もちろん人類発祥の地アフリカや
新大陸アメリカ、日本が誇る和楽器もありますよー

基本的に「お手を触れないで下さい」ですが、
ところどころに「体験コーナー」が有りますので、
実際に音を出して楽しんでみて下さいませヽ(^o^)ノ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雨、あめ、アメ・・・ヽ(`Д´)ノウワァァァン

中止ですね↓
Long way to xxxx.: 5/7 ミニツー&カートしましょうよ!

さて・・どうするかな

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2006年4月30日 - 2006年5月6日 | トップページ | 2006年5月14日 - 2006年5月20日 »