« 2006年1月15日 - 2006年1月21日 | トップページ | 2006年1月29日 - 2006年2月4日 »

2006年1月22日 - 2006年1月28日の13件の記事

2006年1月28日 (土)

エム確定(BlogPet)

きょうミミちゃんがAD#1はここでAD#1がバイクがblogするはずだったみたい。
いやきのうミミちゃんが、blogしたいなぁ。
いやAD#1でバイクがblogしたかった。

久しぶりにウチのビートにプレゼントです。
名古屋にあるプロサービスさんのパーツの・...

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ミミちゃん」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月27日 (金)

アマデウス

今日1/27はヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト
(Wolfgang Amadeus Mozart, 1756年1月27日)のお誕生日です。
生きていれば250歳で御座います(笑)

映画アマデウスを見たのは、学生の頃でした。
よく知った先輩が放送部にいて、その先輩が
昼休みの時間視聴覚室を占拠。
確か2-3日に分けて見た覚えがあります、お弁当食べながらね。

登場人物の中にサリエリって言う売れない作曲家が居るんだけど、
こいつが憎くてねぇ。
学生時代に戻った気分で、また見てみようかな♪

--------------関連リンク--------------

ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト - Wikipedia

アマデウス - Wikipedia

--------------アマデウスを満喫しよう--------------

アマデウス ディレクターズカット スペシャル・エディション
ワーナー・ホーム・ビデオ (2005/09/02)
売り上げランキング: 996
おすすめ度の平均: 4.29
5 私のベストムービー
5 この1枚から始まるクラシック趣味。
5 マイ・ベストムービー
アマデウス
アマデウス
posted with amazlet on 06.01.27
ワーナー・ホーム・ビデオ (2005/11/18)
おすすめ度の平均: 5
5 モーツアルトの音楽とストーリーの融合が見事!
アマデウス オリジナル・サウンドトラック盤(ディレクターズ・カット版)
サントラ アカデミー室内管弦楽団 ネビル・マリナー
ビクターエンタテインメント (2002/04/24)
売り上げランキング: 3,074
おすすめ度の平均: 4.43
4 録音がいいですね。でもレクイエムが…
5 「どんな責苦があろうとも」は……
2 アリアが。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006年1月26日 (木)

かっぱえびせん 永谷園のお茶づけ海苔味 都こんぶ味

コンビニに寄ったらこんなものが置いてありまして

カルビーかっぱえびせん
DSC02062
「永谷園のお茶づけ海苔味」と「都こんぶ味」

「お茶漬け味」はパッケージが派手(笑)
あの色遣いそのまま!なので、目立ちます。
しかも真ん中に付いている「えびが箸を持ってお茶漬けを食べてる」(笑)
中々やるなー!

一方の都こんぶも負けては居ません
何てったって、全体が「金」ですから(笑)
しかもピカッと後光が差してるっぽくなってます。
脇には都こんぶのイラストがあって、コラボだなってのが良く分かります。


気になる味は?と申しますと、

・お茶漬け味
見た目は海苔が付いていて期待させます。
カリカリッと軽快な音を立ててかじると、
・・・ん?ぶっちゃけ、、、普通のとあまり変わらないぞ?
チョット期待しすぎたか。。。

・都こんぶ味
こちらはパッケージを開けると、都こんぶ特有の酸っぱい香りがプーンとします。
見た目はノーマルかっぱえびせんと同じ。
口に放り込むと、、、ほほっ(笑)ふわっと酸っぱいぞ!
すっきりしていて、自分的にはこっちの方が好印象かな?
むかしフレンチサラダ味?みたいのがあったけど、そんな感じ。

お茶漬けはパッケージは◎だけど、中身のインパクトが無いなー。
もっと「あの緑のつぶつぶ」の味を押し出せたら、良かったのに。
自分がもし「もう一回買う」としたら、都こんぶを買いますね。
これは旨いッス。是非お試しあれ♪
--------------関連リンク--------------

かっぱえびせん永谷園のお茶漬け海苔味/都こんぶ味|かっぱえび船アドベンチャー

『かっぱえびせん 永谷園のお茶づけ海苔味』『かっぱえびせん 都こんぶ味』 ニュースリリース

カルビー、「かっぱえびせん」に永谷園のお茶づけ海苔味と都こんぶ味 - nikkeibp.jp - 注目のニュース

かっぱえびせん - Wikipedia

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2006年1月25日 (水)

遂に伝統の「RA」の名が復活!

ヲタなので(笑)、このコードネームは嬉しい限り♪
昨年のような不甲斐ない年にならぬよう、祈ってます。
工具もMacToolからsnap-onに変わるので知名度的に、うpですな。
と言ってもどちらも一流なのでクオリティ的には大差ないですけどね。

ハゲチェロ
バリチェロの加入も、一応?勝ち方の判ってる
ドライバーってことで頼もしい限り。
唯一タイヤが心配と言えば心配か・・・。

まぁタクマも新天地で頑張れ。


Honda 2006年 F1 参戦マシンRA106を発表 | Honda

Honda、ニューマシン“RA106”を正式発表 - 【 carview 】

Honda、新車RA106を発表!新たな歴史が刻まれる - Racing-Live.com

--------------関連リンク--------------
Honda Racing F1、新スポンサー獲得 スナップオンとの長期契約
- Racing-Live.com

| | コメント (0) | トラックバック (0)

代打デス2

オネーサンが居る!(笑)
.060125_1627001.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

代打デス

急遽出る羽目に成ってます。
今日は今までと違って、少しグレードが高い?デス。
偉い御人が居ます(汗)
.060125_1443001.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マッスルフレームをオーダー♪

先日のビートの集まりで、他の方のビートを数台乗り比べてみて補強バーの効果を確認しました。
各オーナーの方に直接感想や意見を聞いたり、
プロサ-ビスの社長の諸岡さんにもメールで相談して先日のオーダーを見直し、変更をお願いしました。
で、新しくオーダーしたのがこちら。
「F3」「F4H」「R1」です。
素人の自分にも判る効果が有ればいいなと思ってます。
「F4H」が受注生産なので7-10日くらい掛かるとの事。
今月末位ですかね? お楽しみはそれからって事で(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月24日 (火)

昨日のことですが・・・3

無い!メモリースティックがない!!
ありとあらゆるポケットを探り、バックをひっくり返し、探しまくっても出てこない。
・・・あ!そう言えばOロード出口駐車場でクリエを落とした!
その時、メモリが飛び出したんだ!

自宅からその駐車場まではかなり距離がある。(高速で行っても3区間位)
行って探してくるか?いや、もう遅いから明日行くか?
でも明日になれば駐車場だけに自動車に轢かれて破壊されているかも知れない。
いや、もう誰かに拾われて持ち去られているか・・・。
最悪の想定が浮かんでは消え、居ても経ってもいられなくなる。
よし!ダメ元で探しに行こう!
懐中電と灯防寒着を用意してライフで出かける。

ここで、ADはある過ちを犯す。
出る前に感情にまかせてblogに此の事を書いてしまったのだ。
高速のICに向かう途中、会長さんからTel。
「blog読んだよ。大丈夫?」
「今向かってます、大丈夫です。済みません心配掛けてしまって」
「2ヶ所駐車したから両方見た方が良いよ」
「判りました」

程なく高速に乗り100km/hで行くも気になってしまいオーバー気味。
はやる気を抑えつつ制限速度に納める。
そのうち雨とも雪とも言えぬモノがフロントガラスに当たり始める。
プラスチックで覆われているとは言え、濡れてしまったらデータが!
その前にメモリ自体が其処に有るのか??
こういう時の時間て、やけに長いです。

無事駐車場前に到着。
ここは夜間駐車禁止でロープが張ってあるので、中には駐められない。
道を挟んだ向かいにライトを付けたままライフを駐める。
防寒着を着て手には懐中電灯。クリエを落としたと思われる所に飛んで行く。
ライフのヘッドライトが届くか届かないかの場所、這い蹲るように懐中電灯で照らす。
中々見つからない・・。
空からは、みぞれ。
目を凝らす・・・。
ん?
あれは?
あ!
あった~! よかった・・・。急に安堵感が広がる。
プラスチック本体には車に轢かれた時に付いたと思われるアスファルトのごつごつの痕が残ってたけど、
それ以外は大して気にならない程度。
夜露とみぞれで少し濡れている。急いで拭いて、端子部分に水が付いていないか確認し、クリエに挿す。
300枚超の写真が収まっているので、読み取るのに時間が掛かる。焦れる・・・。
アクセスランプが点滅し続け、消えた瞬間、サムネイルがパラパラパラっと表示。
は~~、良かった。データも無事で。

まずは自宅にTel。そして心配して下さっていた会長さんにTelすると、
「今Oロードの反対側にいるよ~」
「え?えええ?わざわざ来てくれてたんですか~~??」
「一人で細々探すの大変だと思ったから来てみたよ。コーヒーで祝杯上げよう」
「すんませ~~ん、そこまで気を遣わせてしまって(大汗)今そっち行きます」
初めてライフでOロードを走る。
怖い!サスがグニグニで思うように走れない。
って思ってたら、燃料計がほぼ0!このまま行くとOロードの途中でガス欠になってしまう。
仕方がないので、ガススタンドまで一旦引き返しガスチャージ。
途中の自販機で缶コーヒーを買おうとするも釣り銭切れになっていて1本分しか買えなかった(汗)
自分は出てくる前に買っておいた冷え冷えしたコーヒーでいいや。

改めてOロードに向かう。
前には、アルトワークスがこっちの走りを伺いつつ走っている。が自分は全くその気無し。
ライフじゃ勝負に成りっこないって(笑)
アルトワークスの誘いを無視しつつマイペースでOロードの反対側へ。
会長さんにコーヒーを差しだそうとしたら逆にココアを出されてしまった。
立場があべこべですよ(汗)
ココアとコーヒーを交換して無事発見に至った事を祝しパキュッと開缶。
経緯を報告しつつADの間抜けさ加減を笑いながら、お開きに。

今日一日を思い返すと、ずっと会長さんにお世話になってしまいました。
心配して下さった方々にも厚く御礼申し上げます。
有り難う御座いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昨日のことですが・・・2

で、天気が良い日はminiツー♪
その前に腹ごしらえで、炭焼きのハンバーグが有名なレストランへと移動
参加ビート10台です。
DSC02055 店の駐車場の奥の位置にずらっと並べて駐車。
お店の従業員出入り口から厨房の従業員さんが覗いていて
「あら、カラフルで綺麗ねぇ♪」って言ってました(笑)
久しぶりに食べましたが、ジュウジュウ言いながら食べるハンバーグも中々おつですな

偶然にも?この場所から少し移動すると、いつもお世話になっているOロードが有ります。
せっかくですので、今日もお世話になりますか。(笑)

何台かの班に分かれて移動すると、Oロードの入り口にはバイクの集団がザックザク。
結構排気量が大きめなので、どんどん行くだろうと思っていたら途中で詰まっちゃった。
サクッとパスしつつ見ていると、ビッグバイクからモンキーまで「ごちゃまぜ」。
前方がクリアになったので極めてじぇんとるに走行します。
対向からもバイクが時々来るので、気を遣って慎重にね~♪

DSC02058 通り抜けるといつもの駐車場で集まりパチリ。
ここで解散と相成りました。お疲れ様でした~。

っと、ここでクリエをガシャンと派手に落としたんです。
そして有る落とし物をしたことにAD#1は気付かずに・・・。


自分たちの班は快調に走れたのですが、
後続の班はバイクの集団に引っかかってしまい不完全燃焼気味。
有志数台でOロードを戻ります。
今回は会長のラインを盗もうと後ろを走らせて貰ったのです。
が!最初はなんとか付いて行けたものの、あとはチギられっぱなし(涙)
しかも後ろから今日試乗させて貰った銀ビーにも煽られっぱなし(汗)
全くリズムに乗れず、ご両人にはベッコリと凹まされました。
ラインは盗めませんでしたが、とても良い勉強になりました。m(_ _)m

ここで有志の皆さんともお別れ。
会長さんからコーヒーのお誘いがありましたので有り難くお受けすることに。
で、スピーッと会長宅へ向かうはずが、あれれ?道を外れてお洒落なお宅の敷地へ。
ん?ん??と思っていると、大胆にも中へズカズカ。
裏へ回ると整備中のビートが鎮座しておりました。
多分そう遠くない将来にデビューする事と思います。
どんなビートかは内緒にしておきますので、お楽しみに~♪

スピーッと会長宅に到着。
DSC02060 ネコちゃんの爪研ぎ
(プライバシー保護の為、一部写真を加工しています)
コーヒーをゴチになりつつ、ビートの話を中心に盛り上がりました。

ここで会長さんともお別れし帰宅。
仕事の整理をしていると、やれRA8のガスが無いだ、
これやってくれ、あれやってくれのリクエストオンパレード。

それも難なくこなし、気付いたら8時半。
クリエを取り出し、今日撮った写真を見直そうとしたら・・・。
無い!メモリースティックがない!!


~つづく~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月23日 (月)

昨日のことですが・・・

すったもんだが有りまして、その上タイプが遅く中々書けず
途中までうpします
(汗)

今日はビートの定例会の日♪
昨日の曇天とは打って変わって、雲一つ無い快晴!
チョット風が有って寒い時もあったけど、気持ちよかったッス。

先日プロサービスさんへマッスルフレームを発注しましたが、社長の諸岡さんにメールで色々相談してまして。
(お忙しいところを有り難う御座います。)
発注内容を少し見直そうと言うことになりました。
DSC02053

で、今回はAD#1的に「チョットした試み」をしたくて参加しました。
試みとは他の人のビートに乗せて貰う。
外見はまるっきり同じビートでも、乗る人の考え方一つでセッティングが違ってきます。
例えばタイヤ。
メーカーはもちろん、ゴムの堅さ、溝のパターン、扁平率で乗り心地、グリップ等が全然違います。
扁平率-[クルマ用語集]AllAbout

見ただけでは分からない部分は、そのビートのオーナーさんに話を聞くか、
オーナーさんに了承して頂いた上で試乗させて貰うと言うパターンがあります。
で、今回のテーマはタイヤではなくて補強パーツです。
装着車の何台かのオーナーさんのご厚意により実際に試乗させて頂くことが出来ました。
試乗の快諾を戴いたオーナー様に、感謝を申し上げます。

1)まず自分のビート
自分のは前後のタワーバー(BYS製)のみです。
92年当時は数社から同じようなパーツが出てましたが、
多分(?)チョット安めで、見た目も控えめだったことから、これに決めたんだと思います。(うろ覚え)
当時の記憶を辿ると、この2本を入れただけでもコーナーでグッと踏ん張る感じがしたことを覚えています

2)常連さんの銀ビー号
この方のはプロサ-ビス製のF4+R1+自作補強バー(F1の位置?)
タイヤはRE-01でAD#1と同じでしたので、比較しやすかったですね。
やっぱり全然違いますね。 リアの踏ん張りが効きます。 これで一気に物欲モード全開です(笑)

3)丸ビー号
このビートは異常です(笑)
プロサービス製品の殆どが入っていて、
現在補強バーで出来うる全ての事がしてあると言っても過言ではないです。
どのパーツが入っているかは本人に解説して頂きますか??(笑)

走り的には、サスが慣らし段階+ノーマルシート+ノーマルブレーキでしたので、自分の走りの好みにはチョット遠かったけど、
剛性面に置いては右に出るビートは、おいそれとはいないでしょう。
通常オープンカーは屋根が無い分、道のギャップを越える時に「ミシッ」とか「ギシッ」とか、酷い時には「バキッ」って音が聞こえることがあります。
しかし丸ビー号に限っては無音。
普段音がするモノに乗っている身にとっては気持ち悪いくらい静かです。(笑)

4)最後に会長号
このビートも凄いです。
補強はもちろんのこと、エンジン、吸排気系、ブレーキ強化、バケットシート、各所軽量化等、考え得る箇所 全てに手が入れられています。
しかもバランス良くチューンされていますので、
今まで乗せて貰ったどのビートよりも、めちゃくちゃ走りやすかったです。
思わず試走コースを2周してしまいました(笑)

こうしてみると、どのビートにも施されているF4とR1は外せない・・と。
で、ざらっとプロサービスさんのページを見るとオススメセットがあるので、
これをベースに話を進めていこうと思います。

DSC02049 DSC02050
SRに「はまっている人」はキャブをFCRに交換。
話によると「ノーマルより燃費が良い」そうな。
SRもモンキーと同じくアフターパーツが豊富なので、どっぷりと はまれます(笑)

~つづく~

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006年1月22日 (日)

御心配お掛けしました

推測の通りの場所に落ちていました。
先ずは一安心です

| | コメント (0) | トラックバック (0)

痛すぎる・・・

クリエで写真を撮ってますが、そのメモリーを落としてしまった!
痛い、痛すぎる・・・。

落とした場所は何となく予想が付くのですが、
場所が場所だけに誰かに拾われているか、
自動車
に轢かれてペチャンコになっているかのどちらかでしょう・・・。
ダメ元で少し探してきます凹

| | コメント (0) | トラックバック (0)

男たちの大和 YAMATO 見てきました

大和と言うだけで興味を持ち、軽い気持ちで見に行った。
しかし、というか当たり前だが、戦時中をテーマにした映画で有る。
が故に、非常に重いモノが心に残る。

大和の乗組員が どんな思いで家族と別れ、乗艦し、戦い、そして散っていったか・・・。

もちろん大和だけではない。
当時の日本全体に、こういった辛い別れがあったのだろう。
こうして書いているだけでも映画のシーンを思いだし、涙が出てこずには居られない。

よく、コイズミ首相が靖国神社への参拝時に言う言葉
「心ならずも、家族を残し、国のために、命を捧げられた方々全体に対して、衷心から追悼を行うことであります。今日の日本の平和と繁栄は多くの戦没者の尊い犠牲の上にあると思います。将来にわたって、平和を守り、二度と悲惨な戦争を起こしてはならないとの不戦の誓いを堅持することが大切であります。 」

これは決して靖国へ行くパフォーマンスだけではないのだと思う。
戦争で散った命は膨大。
戦争は悲惨である。
映画では描ききれない部分がそこにはある。
今の日本は、こういった犠牲の元にあると実感
(擬似的ではあるが)させられた。

「考えが右に偏り過ぎじゃない?」って思われるかも知れない。
ここまで読んで「そう感じた」人は見に行って下さい、この映画を。
そして自分なりに考え、自分の中で答えを導いてみて下さい。
何かが変わるかも知れません。
いや、例え変わらなくても良いんです、考えるきっかけにさえなれば。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2006年1月15日 - 2006年1月21日 | トップページ | 2006年1月29日 - 2006年2月4日 »