« 2007年8月5日 - 2007年8月11日 | トップページ | 2007年8月19日 - 2007年8月25日 »

2007年8月12日 - 2007年8月18日の11件の記事

2007年8月18日 (土)

弾丸ソロツーin九頭竜ダム

休みに入って、
出掛ける計画して、
前日からウキウキしちゃって、
当日朝早く起きちゃった事ってありますよね?

まさにそんな感じで、起きたのが3時(汗)
今から寝られるはずもなく、そのまま出掛けちゃいました。(笑)
東名から豊田JCT経由で東海環状自動車道に入り、
休憩を挟みつつ
070816_0654001
美濃関JCT経由で東海北陸自動車道に乗り、そのまま北上。
白鳥ICで一旦降りました。

ここでお腹が空いたので
モーニングサービスのある喫茶店にin♪
070816082212 070816_0823001
地図を確認しつつR158を九頭竜ダム方面に。
初っ端からループ橋で始まり、
湖岸に沿ったワインディングを軽快に転がす♪
070816085638
トンネルとトンネルの間にある脇道に入ると
070816093314
ロックフィル工法のダム・九頭竜ダムがどーんと見えます。
070816091914 070816092149 070816092409
一通り写真を撮りR158に戻りそのまま流しつつ
070816094416 070816094651 070816102149
県道171を経由しR157に道を変えます。
途中のトラフィックインフォでは
県境付近で落石の為通行止めとの事。
そこまで行く前の県道230に入り
笹生川ダム湖を経て九頭竜ダム湖の反対側を走破。
070816104310
この道がなかなか曲者で・・・
ワインディングロードしては気持ちいいけど、、
げんこつ大~両手でやっと持てる位の大きな岩が
道のあちこちに転がっていて・・・(汗)
しかも狭い(笑)

対向車と出くわした時に
自動車に気をとられて石にヒットしてしまった(大汗)
パンクしてたら今頃・・・ミイラ?(;^_^A アセアセ…
PHSなんて当然つながりませんからね(笑)

無事にクリアしつつ
白鳥IC付近にある「美人の湯しろとり」によって
070816_1344001
ひとっ風呂浴び、汗・疲れを落としきましたヽ(^o^)丿
070816124849 中でお食事(笑)
これ、リラックスして良いっす♪
いつもなら居眠りしそうになるのですが(汗)
自宅に戻るまでスッキリライディングできました

帰りは東海北陸自動車道は使わずにR156を南下。
しかしこれが失敗(*_*)
途中の気温表示を見ると38度とか信じられない数値!
走っていても風が熱い!
おまけに渋滞有りで散々でしたよ、とほほ。
関市まで南下し、市内にあるナイフ博物館に寄る
070816154055 070816154111
・・・16日まで休みって。。。とほほ。
写真だけ撮ってすごすご帰る。

富加関ICから東海環状自動車道に乗り
休憩を挟みつつ三ヶ日ICまで、ずずずいと。

その後はオレンジに入り
「ローリング族 取締中」の看板にビビリつつ(笑)、流す。

その後は行きつけの食堂で飯食って帰路につきました。

総走行距離
590.3km 

お疲れ様でした~♪

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年8月17日 (金)

遅ればせながら富士登山レポを Final act

富士山頂には自販機がありますが
Img_2917 お値段はこんな感じ(笑)
「重い思いをするのは嫌だ」という方はどうぞ♪

Tのペースでグルッとお鉢巡りをしてきたら
すでに15時を回ってしまって(汗)

山頂郵便局の営業時間が06:00-14:00
間に合わなかったorz

絵はがきは先に買ってあったので
カーテンの端っこから顔をつっこんで
「切手だけ売って(^∧^;)」と、懇願。
嫌な顔をしつつも売ってくれました(汗)

ここからは、またTの独壇場。絵はがきを3枚書くんだと・・。

刻々と時は過ぎて行くもののマイペースでハガキを書くT
時計を見ると16時を遙かに回ってしまっている。。。
いい加減にしろよ~とグチグチ言ったら切り上げてくれた

しかし急いで降りても3時間・・・
どうしようかと思案する、、、
       |
   \  __  /
   _ (m) _ピコーン
      |ミ|
   /  .`´  \
     ∧_∧  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    (・∀・∩< 御殿場口から行けば砂走りで速く降りられるかも
    (つ  丿 \_________
    ⊂_ ノ
      (_)

富士宮口は岩場が多いので慎重に行かないと怪我をする。
一方御殿場口は多少回り道になるも途中は砂地なので速く降りられる。
こうなったら一か八か?で御殿場口から行く事にする。

スパッツ(靴の中に砂が入らないようにする便利アイテム)を装着し、
一気に下る!!

19時を多少回った頃、自動車のところまでたどり着いて
2007富士登山は無事終了

Tよ、よかったな登頂できて。
お疲れさん(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月16日 (木)

無事帰りました

外で夕飯を食べていたらカキコが遅くなってしまった(汗)
後日レポします♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オレンジ

オレンジ
タイヤにハエガが止まりそうな位?
ゆっくり流しました(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

目的地は?

目的地は?
目的地は?
目的地は?
九頭竜ダムに来ました♪
一っ風呂浴びて帰ります(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

モーニングサービス

モーニングサービス
朝食いただきました♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日帰り弾丸ソロツーリング♪

日帰り弾丸ソロツーリング♪
今日から休みなので、
少し遠出してます(笑)
もうちょっと先まで行きますね♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月15日 (水)

あまりに衝撃過ぎて・・・

バイクに乗る者として、衝撃的すぎるニュースです・・・
しかも何度も通った事のある場所だけに余計に気になります

気の弱い方、心臓の弱い方は読まない方が良いかも。

バイク男性:足切断気付かず2キロ走る 浜松で分離帯接触-MSN毎日インタラクティブ

バイク男性:足切断気付かず2キロ走る 浜松で分離帯接触

 13日午前6時半ごろ、浜松市西区篠原町の国道1号浜名バイパスで同市南区の会社員の男性(54)がオートバイで中央分離帯に接触し、右足をひざ下約 10センチで切断した。男性は接触に気づいたがそのまま数分間走り、約2キロ先のインターチェンジで初めて自分の足がないことに気づいたという。静岡県警 浜松中央署は痛みが強すぎて分からなかったとみている。

 同署の調べでは、男性は仲間約10人とツーリング中、緩い左カーブを曲がりきれなかったらしい。切断された足は仲間が現場に拾いに戻り、男性と一緒に救急車で同市の病院に搬送されたが、つぶされるように切断されていたという。【平林由梨】

[mixi] <バイク男性>足切断気付かず2キロ走る 浜松で分離帯接触(毎日新聞)

痛いニュース(ノ∀`):「仲間が現場に拾いに戻った」バイクの54歳男性、“自分の足切断”に気付かず2キロ走り、ICで初めて気付く…静岡・浜松

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年8月14日 (火)

遅ればせながら富士登山レポを act.4

Img_2889 3,776mで、ご機嫌♪な図(笑)
ここから火口の周り、いわゆるお鉢巡りに出かけます。

火口と言っても道程はかなりアップダウンがありますので、
それなりの覚悟が必要です。
距離は約4km、時間にして約1時間。
たっぷり時間を掛けて楽しみます。

ここでもTは休み休みの歩行をするので、
時計の進むのが速いこと・・(汗)

剣が峰のちょうど反対側に久須志神社が在ります。

河口湖口から登ってこられた方は、
こちらの神社にお参りする事になります。
この周辺では自衛隊の方々が多々いらっしゃいました
これも訓練の一環なんでしょうかね?
どの隊員も気さくに挨拶をしてくれたりして
とても愛想の良かったのが印象的でした(笑)

この先は道が狭かったり、岩の段が高かったりして
気をつけないと落石・滑落の危険性もはらみますので
細心の注意が必要です。

雨天や風の強い日は無理せず
次の機会に譲る等、心の余裕を持ちましょう

当日はピーカンでしたので、順調に歩みを進めます。
とは言ってもTのペースですけどね(汗)



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月13日 (月)

明日は

(仕事で)少し早起き(03:00)しなきゃなので、
早々に休ませて頂きますm(_ _)m
失礼します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月12日 (日)

遅ればせながら富士登山レポを act.3

朝までゆっくり寝られたと言っても
そこはそれ、富士山の八合目の山小屋です。
「ぐっすり寝られない条件」は、いっぱいそろってますぞ(笑)

1) 02:30に山頂御来光の為に1回目の声掛け
2) 04:30に山小屋前で御来光を見る為の2回目の声掛け
3) 07:00チェックアウトの為の最終声掛け
4) 一晩中通じてイビキが、ほぼ漏れなく付いてきます(笑)
5) 就寝中は、呼吸浅くなるので軽い頭痛に襲われる確率が高くなります。

せっかくですので山小屋のサービス2)を
有り難く頂き山小屋前で御来光を拝みました。

で、07:00ぎりぎり迄ゴロゴロしてましたが、
Tの体調は相変わらず小幅な改善に留まってますので、
山小屋前のベンチで約45分間深呼吸を繰り返す。

いい加減痺れを切らしつつ、Tを促し出発。
2日目も同じようなペースで1-2回の葛折りの道を行っては休憩。

しかし流石に呼吸法に慣れてきたのか、
九合辺りを過ぎると徐々にペースが上がってきました。

実はこの辺りから目の前の目標(頂上)が
ハッキリ見えてくるんですよ
だから目に見えて元気になる(笑)
で、Tにとっての念願の頂上に着く頃には
今までの苦労が嘘のよう♪

ついこっちまで初めて登った時のように
嬉しくなっちゃった(笑)
風も無く、眼下には雲海が広がり
天気の良い事♪

山頂の山小屋でおみやげを買い、
早速お鉢巡りへと。
通称「馬の背」と呼ばれる急激な坂を登ると
そこは剣が峰、いわゆる3,776mの世界で御座います。

記念撮影をする者、観測所の陰でグースカ寝る者、
ちょっぴり恥ずかしがりながら万歳三唱する者、
感慨に耽る者、三者三様、十人十色、
それぞれに3,776mの世界を楽しんでいて微笑ましいです♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年8月5日 - 2007年8月11日 | トップページ | 2007年8月19日 - 2007年8月25日 »