« 2008年6月22日 - 2008年6月28日 | トップページ | 2008年7月6日 - 2008年7月12日 »

2008年6月29日 - 2008年7月5日の6件の記事

2008年7月 5日 (土)

さっさと

帰ってきました→負けたので。。。

しかし、サポーターの皆さんは優しいですなぁ。
ホームで負けたのに試合後の挨拶は拍手で迎える。
しかもゴール裏のコアなサポまで??
オイラには理解できない。。。

何かしらのショック療法でもしないと
このままじゃ下に落ちるんじゃないかな?

あ、下に落ちるのがショック療法なのか(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

後半開始

後半開始
戦況?
芳しくありませんなぁ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久しぶりに

久しぶりに
サッカー観戦なんぞに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 3日 (木)

WILLCOM 9(型番:WS018KE)発表♪

待ってましたよ、この形!
Willcom9 WILLCOM|WILLCOM 9
http://www.willcom-inc.com/ja/lineup/ws/018ke/index.html

まさにsimple is Best!
9(nine)にカメラが付いて、オイラの使い方にピッタンコ(死語)

前の9(nine)も超気に入ってたんだけど、
おしりポケットに入れてたら
ストレート筐体なのに【くの字】になるようになってしまった(笑)

それからというもの、時々SIMを入れても認識しなくなったりして
使い憎いったりゃありゃしない。。。
まあ自業自得なんですけどね(;^_^A アセアセ…
液晶カバーにもヒビが入ってるし・・・

シェルなので初めから折れてるのだ(笑)
変な所で折れる心配もなっしんぐ♪

早く欲しい~!


WILLCOM|「WILLCOM 9(型番:WS018KE)」の発売について ~色もカタチも、さりげなく 「シンプルという価値」をもった電話機~
http://www.willcom-inc.com/ja/corporate/press/2008/07/03/index.html


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 2日 (水)

燃料電池車FCXクラリティ11月リース開始

とうとう日本でもFCXクラリティ(燃料電池車)が走るぜ~!\(^O^)/
当面は官公庁と一部の限定された民間企業へのリース販売だけらしいけど・・
なんとかして 乗ってみたいなあ(笑)

今までのFCXは一応試乗済み♪
Long way to xxxx.: ただいま帰りました♪
http://nukuob-orenabah.cocolog-nifty.com/jiji/2006/04/post_662e.html


近い将来には燃料電池ユニットも小型化されて
燃料電池仕様のビートが出来たら最高ですな>HONDAさん
その名も【FCX BEAT】
そんなことになったらマジで買っちゃいます!(笑)
ですよね?>ビート乗りの皆さん♪



燃料電池車FCXクラリティ11月リース開始 【 carview 】 ニュース - 自動車業界 最新の動向を毎日チェック
http://www.carview.co.jp/news/0/75640/


ホンダは、7月7日から開催される北海道洞爺湖サミットの環境ショーケースに提供する新型燃料電池車FCXクラリティの日本仕様車を公開。また、日本でのリース販売は11月に開始する予定と発表した。

 FCX クラリティは、燃料電池車専用として設計され、ホンダ独自開発の燃料電池スタック“V Flow FCスタック”を核に、燃料電池車だからこそできるデザイン、パッケージ、そして異次元のドライブフィールを実現。走行中にCO2をまったく排出しない究 極のクリーン性能だけでなく、クルマとしての新しい価値と魅力を提供する。

 “V Flow FCスタック”は、大幅な性能向上と軽量・コンパクト化を達成し、先代FCXに搭載しているホンダFCスタックに比べ出力を86kW(117馬力)から 100kW(136馬力)に向上させ、マイナス30度での低温始動も可能としている。また軽量・コンパクト化した燃料電池をセンターコンソールに配置する ことなどで、低全高のセダンフォルムとゆとりある空間を両立し、航続距離も30%向上して620kmとした。

 また日本仕様車では、冷暖 房機能を備えた温度調節機能付きシートを前席に加え後席にも設定し、世界初の植物由来の新素材『ホンダ・バイオファブリック』をインテリア表皮に使用し て、ホンダとして初の電気制御を活用したコンパクトで操作しやすい変速機『シフト・バイ・ワイヤなどを採用した。

 日本での販売先は当面、官公庁と一部の限定された民間企業へのリース販売を計画している。これに加え、より多くの一般の人たちにFCXクラリティに実際に接して燃料電池車の魅力を体感してもらうため、今年から日本全国で様々なイベントを開催する予定だ。


試乗インプレッション ホンダFCXクラリティ試乗 燃料電池車の実力は? 【 carview TV 】 動画
http://tv.carview.co.jp/mov.aspx?mid=2684


| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年7月 1日 (火)

ホンダが「歩行アシスト」機の実証試験、埼玉の病院と共同で

ダメリカが本格的に転けた今、こういう風に多角的に開発していくことが生き残る道になるんですかねぇ。
ほぅ、1999年から着手してたんですか・・。
ASIMOの技術が活かされてるんですね♪

自分も将来年をとったらお世話になるかもしれないので、
上手くいって欲しいです\(^O^)/

ホンダが「歩行アシスト」機の実証試験、埼玉の病院と共同で
http://www.nikkei.co.jp/news/sangyo/20080630AT3K3000J30062008.html


ホンダは30日、埼玉県川越市の真正会霞ケ関南病院と共同で、人の歩行を補助する「歩行アシスト」機の実証試験を7月1日に始めると発表した。医師や患者の声を聞いて歩行アシスト機の効果や課題を検証することで、実用化につなげる狙いだ。

 まず3台の試験機を用意し、同病院に通入院している人に使用してもらって効果を検証する。試験は2009年6月までの約1年間続ける考え。

 歩行アシスト機は加齢などで脚力が低下した人の歩幅をモーターを使って広げ、少ない力で長い距離を歩けるようにする装置。ホンダは1999年から研究を続けている。(16:00)


ホンダ、医療法人と「歩行アシスト」の共同実験 | Response. 写真あり
http://response.jp/issue/2008/0630/article111053_1.html

              ホンダは30日、加齢などにより脚力が低下した人の歩行をサポートする「歩行アシスト」について、7月1日から、埼玉県川越市の医療法人「真正会霞ヶ関南病院」と共同試験を行うと発表した。

同病院で行われる歩行訓練者を対象としたリハビリで「歩行アシスト」の適合性や有効性を検証・評価する。ホンダの研究者が歩行訓練者や理学療法士、医師らと協力して効果や課題などを検証し、改良に結びつける。

ホンダは2足歩行ロボット『ASIMO』での歩行研究などを基に、1999年から「歩行アシスト」の研究に着手している。今年4月に大阪市で開催された「バリアフリー2008」などに出展、多くの反響を集めている。



産業ニュース | ホンダ、霞ヶ関南病院と「歩行アシスト」の共同試験実施へ : エレクトロニクス・ロボット・テクノロジー : ファスニングジャーナル  写真あり
http://www.nejinews.co.jp/news/business/eid952.html

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年6月22日 - 2008年6月28日 | トップページ | 2008年7月6日 - 2008年7月12日 »