« 2008年7月27日 - 2008年8月2日 | トップページ | 2008年8月10日 - 2008年8月16日 »

2008年8月3日 - 2008年8月9日の6件の記事

2008年8月 9日 (土)

スターマイン

スターマイン
ど迫力!
燃えかすが降ってきます(@_@;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

花火♪

花火♪
今年も取引先のKさんの御好意により特等席のチケットを頂きました\(^o^)/頭上真上に上がる花火を見上げるのは贅沢ですなぁ(*^v^*)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 8日 (金)

富士登山2008 皇室編

今回が初登頂だったそうです。
兎にも角にも初登頂おめでとう御座います

皇太子さま、20年ぶりに念願果たす(社会) ― スポニチ Sponichi Annex ニュース
http://www.sponichi.co.jp/society/flash/KFullFlash20080808005.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 6日 (水)

富士登山2008 夕食編

富士山須走口8合目 江戸屋さんは
皇太子殿下も御宿泊された事のある由緒正しい山小屋です。
(中には当時の様子が撮影された写真が飾られています)

富士山 山小屋 江戸屋
http://www4.ocn.ne.jp/~edoya/

ここに御世話になろうかと、事前に予約を済ませてあります。

一泊二食付き¥7,500
一食付(夕食or朝食)¥6,500
素泊まり¥5,500
8合目にしては?リーズナブルな価格設定では無かろうか。

今回は素泊まりに挑戦(笑)
せっかくストームクッカーを入手したので、
こいつをザックに忍ばせ
「すぐおいし~すごくおいし~」でお馴染みのチキンラーメンを作って食べる計画だ。

ところが到着直後、雨がしとしと降ってきて・・・
ヤバス。。。このままでは食事抜き・・・?

・とりあえず中でストームクッカーをばらして支度開始。
・やかんに水を注ぎ火を掛けられるよう準備。
・ソースパンにチキンラーメンを入れ、お湯を注ぐだけにしておく。
・しばしこのまま待機。
・ボヤッとしてると雨が上がる。
・チャ~ンス!ストームクッカーを入り口付近に出し着火!
R0011222 ←隅っこに・・・ストームクッカーが(笑)

・お湯が沸くまでジッと我慢。
・再びシトシト降ってくる。
・しかしココでやめる訳にはいかない
・やかんから湯気が出る!
・素早くチキンラーメンの上からお湯を掛け3分待つ。
・ほぐして食らう
・・・・ココで注意点が一つ

勘の鋭い人はもう気付いていると思いますが
8合目まで行くと気圧がかなり低いので
沸点も低くなってしまうんですよね~(^◇^;)

高い山では水の沸点が低いと言うけれど・・・ - Yahoo!知恵袋
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1412148809


AD#1は食べてから気付きました(笑)
R0011224
多少芯がありますが、アルデンテだと思えば気になりませんヽ(^o^)丿

アルデンテ - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%87%E3%83%B3%E3%83%86



チキンラーメンをやっつけている間に17:00
この時間から江戸屋さん提供の夕飯「カレーライス」の登場です♪
素泊まりの人はサッサと捌けましょう(笑)

ふと外を見ると。。なんとザンザン降り、雷様のおまけ付き。
イヤー、危なかった。
もう少し遅かったら飯抜きになる所だった(;^_^A アセアセ…

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年8月 5日 (火)

富士登山2008 雨の(rain)弓(bow)編

降られた後には、こんなのも見られます
R0011216

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2008年8月 3日 (日)

富士登山2008 森林浴~山小屋到着編

須走口の最大の特徴は
ルートの最初と最後に森林の中を抜ける道がある事。

ご存じの通り森林は酸素を発生させるので焦って速く抜けるより、
森林浴気分を味わいつつ新鮮な空気を体内に取り込むのが登頂成功の秘訣となります。

前回はコレで失敗した。
Tが初挑戦と言う事で焦りまくり張り切りまくりで
ろくに休憩を挟まずにイケイケドンドンで登り、翌日高山病でダウン。

今回は同じ轍を踏むまいとTも理解し、
15分登り5分休むルーティンを組み強制的に休憩を挟む。
このペースだと後続の登山者にガンガン抜かれるが気にしないで進むが吉。

途中の山小屋前には大抵休憩用のベンチがあるので
其処でもガチッと休憩を取る
ゆっくり時間を掛ければ不安な人でも登れるってこった。

しかしあまり時間を掛けるのも問題がある。
今回の問題とは・・・雨。

晴れ男を自称するAD#1は全く天気予報をチェックしてこなかった(笑)
しかし軽い雨男のTが一緒なのには参った。
夕方の時間帯から大雨・・・。

oh my Buddha・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年7月27日 - 2008年8月2日 | トップページ | 2008年8月10日 - 2008年8月16日 »