カテゴリー「週刊フェラーリ・グランツーリズモ」の16件の記事

2009年9月21日 (月)

週刊「フェラーリ・グランツーリズモ」をつくる インパネ

このENZO Ferrariは様々なギミックが隠されています。

R0015239

と言ってもヘッドライトが光るブレーキランプが光るの類です。
音も出ますw
アクセルペダルを踏むとエンジン音が轟くらしいw

R0015243

裏には一応配線があります

ホーンボタン、スタータースイッチも押せるようになってるので
それらも機能するはず。

R0015241

センターコンソールの赤いボッチ↑がスターターボタン

個人的にはこれらは要らないかなーとも思ってますが、
取りあえず作っておきますw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月19日 (土)

週刊「フェラーリ・グランツーリズモ」をつくる Tipo F140B

ENZOのエンジンで御座います。
言わずと知れたTipo F140B 6.0L 65°V12です
後ろ半分はミッションケース
R0015225これだけで480g。
結構ズッシリときます


F50はエンジンそのものがフレームと化していて高剛性重量化されてるけど、
このTipo F140Bは別にサブフレームにマウントされているのでその分軽量化が可能になりました。
と言ってエンジン単体で225kgありますけどねw
R0015227当たり前ですがこういう部分もしっかりと再現されています

リアサスのアッパーアーム取り付け部分アップ
R0015233フレームとヒンジ、ヒンジとアッパーアームそれぞれが1.7mmのネジで留められています。
ダイキャストでは再現しにくいサス取り付け部はこういう風にして作られています

組み上げてしまえば絶対に見る事が出来ないエンジンの底の部分も
R0015237
手を抜くことなく再現されていて素人の自分でも作り甲斐があります

こだわる人は細かい部分のディティールアップにも余念がないですね
本当はそこまでやれば完成時の満足度も上がるのでしょうが
残念ながら技術がないので今回は素組で(最小限の範囲でしか手を加えないで組む事)行きます。

R0015231例によって再び登場するのは先なので不織布の袋に入れて保管

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月18日 (金)

週刊「フェラーリ・グランツーリズモ」をつくる コクピット編

このくらいは簡単♪
とは言うものの・・・f(^ー^;

唯一悩んだのがフロントサスのロアアームの取り付け。
取り付け用のネジが僅かに短い!
ねじ山が通常2-3山食わなければならない所を1山食えば良い所で
下手すると双方の山が壊れかねない状況。
ロアアームの塗装を削ったりしたが結局ダメ
さてどうしたモノか・・・

これは他ユーザーも悩んでいたらしい。
ググってみたら同径で少し長いネジの予備を使えばいいとの事
オリジナル『Iタイプ1.7mmx6mm』 → 予備『Eタイプ1.7mmx8mm』へ変更
これで万全(笑)
R0015212
いい加減にやると後で痛い目に遭う。
完成時重量が4.9kgらしいので足元の問題は疎かに出来ないのだ。

指で揺すってもガタガタぐらつかなくなって一安心
R0015213
これはしばらく出番がないので不織布の袋に入れて保管

次はエンジン部

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月17日 (木)

【やっと】《エンツォ・フェラーリをつくる》【始める】

昨年の9月頭から買い始めた「週刊フェラーリ・グランツーリズモ」。
今週で54週目に突入です。
http://deagostini.jp/fgt/backnumber.php?id=8476&issue=54
R0015183

最初は「毎週作るぞ」と思ってたけど何だかんだと理由を付け延ばしまくりww
そうこうしているうちに切りの良い2010年正月に作ろうと勝手に予定変更。
だが、最近外装パーツが届きだし気持ちがぐらついてますw
ぐらつくも何も自分のモノだから好きに作ればいい訳で┐(´д`)┌ヤレヤレ

と言う訳で前置きが長くなりましたが、一年の時を経て遂に作り始めます!
写真で経過をお届けしたいと思ってますので、見て笑ってやって下さい♪

さて今年中に出来るのか??
乞うご期待!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月18日 (水)

メインフレーム キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!『週刊フェラーリ・グランツーリズモ』第28号

ほとんどの方が忘れていらっしゃると思いますが・・・
毎週欠かさず購入し続けて居ります(;´Д`A ```
まだ作ってないけど ヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ
一度忘れると億劫になって嫌になってしまうし、
そうなったら完成しないしね(笑)

デアゴスティーニ『週刊フェラーリ・グランツーリズモ』第28号 DeAGOSTINI
http://www.de-club.net/fgt/issue.php?pos=2&Issue=028



第28号【2009年3月17日発売】

通常価格:1790円(税込)

288GTO | 1984

    * フェラーリの製造転換となったクルマ
    * 公道を走るF1
    * フォーミュラを受け継ぐ性能

288GTOは、308GTBをベースに誕生したレーシングカーだ。出力400馬力、最高速305キロの驚くべき性能を持ったベルリネッタ。 308GTBと同じく2基のターボを備えたパワフルなエンジンが搭載され、あらゆる状況下でも最高の走りをみせる。2年間で272台の限定生産で発売された。

今号のパーツ
【1】メインフレーム 
【2】ビス10本(Wタイプ)2.0×5mm 


書店で受け取ってビックリ!
今回は冊子とは別体です!!
箱がデカイ
R0013493
しかも赤の取っ手付き(笑)
持って帰ってくる時に楽だった(書店には徒歩で行くので)

開けると・・・
R0013494 R0013498
ガチッと骨で覆われてます(笑)
箱のサイズは・・・295mm x 510mm x 117mm(多少の誤差は勘弁して)

キッチンスケールで重さを量ろうとして乗せると・・・
R0013503 余裕で振り切ります(1kg秤)

大げさだけど体重計で量る
R0013505 約1.2kg (明日上皿さお秤で正確に量ってみます)
パッケージ込みで1136.5gでした。2009/03/19 8:32追記

ルーフ部アップ
R0013506 全体にセミグロスブラックで塗装されてます。
オラワクワクして来ただ!(*゚∀゚)=3ハァハァ

次回以降、今までのパーツがコイツに着くっぽい
そろそろ組み立てに着手すべきかな?
次回の組み立て手引きを見て判断しよう。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年11月17日 (月)

《エンツォ・フェラーリをつくる》No.11

デアゴスティーニ『週刊フェラーリ・グランツーリズモ』第11号【2008年11月11日発売】通常価格:1790円(税込) DeAGOSTINI
http://www.de-club.net/fgt/issue.php?pos=1&Issue=011

R0012772

今回の冊子は・・・
フェラーリ 599 Ferrari 599| 2006
R0012773

    * 伝統とハイテクの融合
    * 人間工学による快適なインテリア
    * 進化の最終形

人々が熱狂したクルマ、それがフェラーリ599だ。美しいボディラインやハイテクのマシンテクノロジーは、抜群の走りを生み出す。排気量5999cc、12気筒、620馬力は、世間に旋風を巻き起こし、今も憧れの的となっている。

今回のパーツは・・・
【1】サスペンション用アーム2本(フロント用)
【2】シート(右) 
【3】ビス10本(Bタイプ)1.7×3mm 
【4】ビス5本(Iタイプ)1.7×6mm 
【5】ビス3本(Lタイプ)1.7×5mm 
【6】ビス隠し1個 
【7】ビス2本(Zタイプ)2.3×6mm 
【8】4点式ベルト(パッセンジャーシート用) 
R0012774 とうとう2脚揃いましたぞ( ̄ー ̄)ニヤリ
R0012775 組むとこんな感じに成る(予定)ヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

《エンツォ・フェラーリをつくる》No.10

デアゴスティーニ『週刊フェラーリ・グランツーリズモ』第10号【2008年11月4日発売】通常価格:1790円(税込) DeAGOSTINI
http://www.de-club.net/fgt/issue.php?pos=0&Issue=010

R0012749


今回の冊子は・・・

R0012750
365 GTB/4 | 1968

    * フェラーリ・グランツーリズモ、新時代の幕開け
    * デイトナ・スパイダーに挑戦
    * 高速走行でも抜群の安定性

1968年に誕生した365GTB/4は、洗練され、信頼でき、もっともスピードのでるスポーツカーだ。F1ワールドチャンピオンを経験したブラジル出身のエマーソン・フィッティパルディが、このクルマが登場した当時の長所と短所について熱く語った。

エマーソン・フィッティパルディと言えばブラジルの英雄の1人ですねぇ。
当時はスゲー【もみあげ】で有名でした(笑)
日本人で言えば尾崎紀世彦のように。

今回のパーツは・・
【1】コクピット用フロアー 
【2】ビス10本(Aタイプ) 
【3】ビス5本(Bタイプ)1.7×3mm 
【4】ビス2本(Sタイプ)2.0×6mm 
【5】ビス3本(Wタイプ)2.0×5mm 
【6】ビス3本(Tタイプ)2.0×6mm 
R0012753 R0012751 とうとうフロアがキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
R0012752 今までのパーツを組むとこうなる。。
そろそろ組むかね・・・( ^ω^)おっおっおっ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

《エンツォ・フェラーリをつくる》No.9

デアゴスティーニ『週刊フェラーリ・グランツーリズモ』第9号【2008年10月28日発売】通常価格:1790円(税込) DeAGOSTINI
http://www.de-club.net/fgt/issue.php?pos=0&Issue=09

R0012745

今回の冊子は・・・
612 スカリエッティ 612 Scaglietti | 2004

R0012746

    * 乗り心地の良いスポーツカーの誕生
    * 最先端の空力特性
    * 究極の快適さを求めて

リムジンのように快適にツーリングでき、なおかつ性能はスーパースポーツカー並み。フェラーリのように歴史のあるブランドにとってもこのような目標をクリアすることは簡単なことではない。2004年発売の612スカリエッティは、4シーター、電子サスペンション、540馬力のエンジンで、贅沢な目標を達成したクルマである。

今回のパーツは・・・
【1】コクピット後部 
【2】シール(ミラータイプ) 
【3】フットレスト(パッセンジャー用) 
【4】サイドブレーキ・レバー 
【5】ドライバー(大) 

R0012748 R0012747
細かい所まで再現してあるそうですぜ、ダンナ(・∀・)ニヤニヤ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

《エンツォ・フェラーリをつくる》No.8

デアゴスティーニ『週刊フェラーリ・グランツーリズモ』第8号【2008年10月21日発売】通常価格:1790円(税込) DeAGOSTINI
http://www.de-club.net/fgt/issue.php?pos=0&Issue=08

R0012737

今回の冊子は・・・
R0012739

166インテル 166 Inter | 1948

* フェラーリ伝説のはじまり
* フェラーリ初のV12気筒エンジン
* バルケッタに魅せられた人びと

1948年に生まれたフェラーリ166インテル。スポーティーなドライブ愛好家たちの間ではフェラーリの神話として語り継がれた。エンジンは12気筒、140馬力。最高速度は時速200キロ。フェラーリが初めて開発した12気筒エンジンである。166インテルのベースとなっている166MM「バルケッタ(小舟)」はル・マン耐久24時間レースに勝利しており、その質の高さを見せつけている。

ワタクシAD#1はフェラーリフリークでも何でもないので、この車は初めて知りました(^^ゞ
買ってて良かった>でっあっごっすちーに(≧∇≦)

今回のパーツは・・・
R0012743
【1】バルクヘッド 
【2】4点式シートベルト(ドライバーズシート用) 
【3】ビス3本(Lタイプ)1.7×5mm 

R0012741 シートベルトもネジ止め♪
これまた楽しみ(・∀・)ニヤニヤ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月21日 (火)

《エンツォ・フェラーリをつくる》No.7

ちょいと遅くなりましたが・・・(A;´・ω・)アセアセ

「週刊フェラーリ・グランツーリズモ」《エンツォ・フェラーリをつくる》

第7号【2008年10月14日発売】通常価格:1790円(税込)

R0012512
http://www.de-club.net/fgt/issue.php?pos=0&Issue=07

今週の冊子は
R0012516
F50 | 1995    

* 時代を先取りしたスーパースポーツカー    
* レースに学ぶ数々の教え    
* 運転しやすい520馬力のクルマ

時速300キロのスピードと快適性の両方を手に入れたF50。1995年にフェラーリ50周年記念を飾るために発表された。F1のレーシングカーにヒントを得てつくられたモデルは、349を基本とし、ピニンファリーナによるデザインとカーボン製フレームを使用。V型12気筒エンジンで排気量4.7 リッター、520馬力。レース界半世紀の経験から生まれた、未来を先取りしたハイテク技術を集結したクルマだ。

今週のパーツは
R0012518
【1】ドア (左/内側) 
【2】ドア下部保護部品 
【3】ウインドー(左) 
【4】ポップアップ用ジョイント 
【5】ウインドー開閉ハンドル 
【6】ギア (cタイプ) 
【7】ギア(aタイプ) 
【8】ギア(bタイプ) 
【9】三角窓 
【10】ビス2本(HHタイプ) 
【11】ビス2本(JJタイ プ) 
【12】ビス5本(Xタイプ) 
【13】ビス5本(Pタイプ) 
【14】ビス隠し4個(赤・黒) 

そろそろ本格的な組み立て作業が出てきてますが
R0012520
ちょいと忙しくて手を付けてません(#゚Д゚)y-~~イライラ



| | コメント (0) | トラックバック (0)