カテゴリー「Hypermotard 1100S」の52件の記事

2013年10月12日 (土)

PIRELLI Angel ST から PIRELLI ANGEL GTへタイヤ交換しました。

本国を始め欧州では既に販売されているものの、
日本では未だ正式に発売されていないエンジェルGT。

コイツを某ルートにて入手。
1381564460441.jpgフロント120/70-17
1381564473929.jpgリア 180/55-17


ガレージジャイのツールの一部をお借りして自力でホイールを脱着。
HYOD+へ持込んでタイヤ組込み依頼。
バランス取り 廃タイヤ処分費込みで¥3,200-

廃タイヤになったトレッド面

1381564485268.jpg

ココまで使うのは大変危険なので絶対止めましょうf^_^;)


外したボルトナット類は指差し確認して確実に規定トルクで締め付けます。


1381564506762.jpg
出来た。

普段はオイル交換でさえもディーラーにお任せしている自分ですが、今回ばかりはイレギュラーずくしです。

1381564522652.jpg
アスファルトの上をまだ1mmも転がっていません(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月 6日 (火)

中部「道の駅」116駅 完全走破‼

しました\(^o^)/

道の駅で売っているスタンプブック(¥300)の指定された欄に
各道の駅に置いてあるオリジナルスタンプを押して行く、
いわゆるスタンプラリーです。
1352212560382.jpg
但し、スタンプが押せるのは道の駅の営業時間に限ります。
駅の建物の中にスタンプが置いてあるので営業時間外は鍵が掛けられてしまって押せないんです。

内訳は…愛知14駅・岐阜53駅※(2012/09/27現在54駅)・三重15駅・静岡21駅・長野南部13駅
合計116駅

1352212573247.jpg
クリアした所の数字を黒く塗って次回のプランを練ります。


仕事の都合上、日曜日しか休めないので出掛ける時は大量ゲット狙い。
営業時間前に間に合うよう朝暗い時間帯に出たり、
スタンプを押したら休憩もそこそこに次の駅までひたすら走ったり。
とにかく一日を有効に使いました。

山の天気は変わりやすいので突然降られてずぶ濡れになった事も多々あり(笑)
近くの電柱にカミナリが落ちたらしく信号機が使えず警官が手信号してた脇を通ったり。
夏季休暇に3日連続で走ってお尻の皮が剥けそうになったり。

そうそう、これでも多少のお土産は買ったのですよ。
それを入れたテールバックのファスナーを閉め忘れてそのまま走ってお土産をR471に蒔いてしまい、
半べそかきながら戻るも1個しか回収出来ずにガッカリしたり。
あとの数品は何処に行ったのやら??

他にもここには書ききれない事が色々ありました。

達成までの期間は内緒(^з^)-☆
あ!平日仕事を休んでこっそり走ったとかは、絶対してませんから、ねヽ(;▽;)ノ

達成したスタンプブックを事務局に送るとステッカーが先に届きます。
その2ヶ月後記念の盾が送られて来ます。(1人1回のみ)
記念の盾の素材は東濃ひのき。
1352212579794.jpg
文字はレーザー刻印で、彫られてます。
1352212585616.jpg
これは一生の思い出になるし、
盾やスタンプブックを見る度に走った道が目の前に蘇って来ると思います。

皆さんも
中部「道の駅」完全走破賞に挑戦しませんか!?
http://www.chubu-michinoeki.org/kanzen.html


最後になりましたが、この一大イベントは○○さんの理解協力無くしては達成はできませんでした。
ここに厚く御礼申し上げます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年6月30日 (土)

ハイパーモタード車検 ~ビッグタンク装着したままでいけるのか否か?

新車購入から3年経ちました。
早いものです。
ただでさえシュウイチしか休みがないのに
AX-1やビートもほっておくと拗ねるからコッチも乗ってやりつつ、
丸3年での走行距離25,424km
楽しいからたくさん乗りました\(^o^)/
これからもよろしく♪

でもビートもAX-1も楽しいから困るのぅ(;´Д`A


作業項目
・24ヶ月点検整備一式 完成検査
・ヘッドライトテスターによる光軸測定
・エンジンオイルの漏れ 点検
・スパークプラグ 点検
・タイミングベルトの張り 調整 V90 H100 →V101 H100
・エンジン異音 振動 点検
・スロットルケーブル 点検
・バッテリー充電電圧測定 点検3000rpm→13.5V
・バッテリー 充電
・ブレーキの油圧操作系 点検
・ブレーキフルード漏れ 点検
・クラッチフルード漏れ 点検
・ドライブチェーン 調整清掃給油
・タイヤ空気圧 調整 Fr2.1bar Re2.3bar
・タイヤ溝の深さ 点検 Fr3.0mm Re3.3mm
・F.Rブレーキパッド残量 点検Fr3.2mm Re4.4mm
・ドライブスプロケット固定プレート 点検
・Fフォークオイルの漏れ 点検
・サスペンションの作動損傷 点検
・ホイールハブベアリング 点検
・リアホイール ラバークッションドライブダンパー 点検
・ステアリングベアリングの遊び 点検
・各灯火類 点検
・各部増し締め
・DDSテスター 診断
・インジェクションスロットルボディ同調 点検調整
・排気ガス濃度測定 CO5.8→4.5VOL % HC1200→850VOL ppm
・シフトパターン、リフレクター、ハンドルスイッチ 点検
・乗車人数、車両寸法 点検
・スリップオンマフラー 交換、戻し作業
・車検代行
・自賠責保険料
・重量税
・印紙代
合計¥83,660-

項目を細かく見れば分かると思いますが、
今回はビッグタンクの脱着作業が含まれていません。
素直に受けたのか、裏ワザ?を使ったのかは定かではありませんが、
大容量タンク6.4 Gallon Tank、22.2Lビッグタンクを装着したまま車検を通す事は可能です(笑)

※注意※
・ショップの信頼度やメカニックの技量等で結果が変わる可能性があります。よく確かめて下さい。
・この様な結果にならない場合でも当方は一切の責任を負いません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月31日 (土)

納めのくんま

例年はソロで来てた納めのくんま。
今年は総勢4台♪

1325317125705.jpg

現在雪は降ってません(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月 1日 (火)

HYMミーティングに行って来ました。

mixi内のDucati Hypermotard Owners コミュの 「2011年 秋Hypermotard Owners ミーティング」に行って来ました。 集合場所は箱根の大観山。 コミュ主CORSEさん音頭の元、自分も含めて9台が集いました。 個人的には昨年のドゥカティイベントの時に4台集まった時以来、2回目のミーティングです。 普段はすれ違う事も滅多にない車種なので、HYMミーティングはウキウキします(笑) ザラッと自己紹介してから、伊豆スカを南下。 亀石でズラッと並べて記念撮影♪ 1320148503087.jpg 1320148504785.jpg 1320148505605.jpg 1320148506527.jpg 1320148507050.jpg 1320148507650.jpg 1台でも目立つハイパーモタードが9台も綺麗に並べば注目の的にならないはずがない(笑) 冷ややかな視線?いやいや、皆さん暖かい眼差しでしたよ~( ´ ▽ ` )ノ 少し雑談の後、3名の方が所用の為に離脱。 亀石を出て伊東市内に繰り出し、残り6名で昼食を摂りつつ談笑♪ 1320148508354.jpg 本日限りの本マグロ丼¥1,000-也 美味しかった(^з^)-☆ 再び亀石から伊豆スカを北上し、 箱根峠で流れ解散。 楽しい時間はあっという間に過ぎてしまいます。 次回はお正月頃に開催予定とのこと。 日程が合えば是非ぜひ参加したいですね♪ 追記 1320148508959.jpg 今回の往復航続距離379.4km これだけ走ってもリザーブランプ点かず!(笑) 給油量は19.55L 満タン法算出で19.41km/Lでした。 やはりビッグタンクは偉大だ!!\(^o^)/

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年10月17日 (月)

OAKLEY CROWBAR MX × DUCATI

E.T.C.のイケメン番長kazooさんの極秘情報によると、HYOD+のセールでHYM乗りに欠かせないアイテムが有る、ということだったので早速行って来た。

箱は一部壊れてテープで補修してあったけど、中身が変になって無ければ問題ナス。

税込16,800円の所、税込8,800円と半額近い値引き。
ホイホイ買いましたよ、モチロン(笑)

1318846742426.jpg

レンズはBlack Iridium(黒・ミラー)表記だけど、覗くとオレンジ系の視界に成ります。

1318846754700.jpg

何でこれがブラックなのか?
わかりません(苦笑)

これに別途クリアレンズが付属、更にティアオフ(使い捨てレンズ)も7枚付いてます。
ストラップの裏にはシリコンの滑り止めが施されている。
そのストラップには、O × Dのタブルサイン。

1318846757028.jpg

思わずニヤつくニクい演出ですよ。
ノーズプロテクターは着脱出来るので取ってしまった。

で、早速走ってみる。

1318846760148.jpg

マッチしててカッコイイ!
だがシールドに比べて視界が狭いのう。。。
慣れるまで気を付けて乗ろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月29日 (金)

25ヶ月点検

先月丸2年を迎えたハイパーモタード。
区切りの点検をドゥカティ浜松にお願いしました。

代車はこちら。

1311915066124.jpg

スクーターに乗ったのは免許証を取った時以来、公道を走るのは初めて。
怖かったです(^^;;
返却する時は満タンにするのがお約束♪

以下点検内訳
---------
12ヶ月点検整備一式 2011/07/18
・エンジンオイルの漏れ…点検
・スパークプラグ…点検
・タイミングベルト…交換 V125 H130 ベルト@¥9,110×2
・エンジン異音・振動…点検
・スロットルケーブル…点検
・バッテリー 充電電圧測定 点検 3000rpm→13.8V
・バッテリー…充電
・ブレーキの油圧操作系…点検
・Rブレーキフルード…交換 BF-4
・ブレーキフルード漏れ…点検
・クラッチフルード…交換 BF-4
・クラッチフルード漏れ…点検
・ドライブチェーン…調整・給油
・F・Rブレーキパッド残量…点検 F 2.1mm R 4.3mm
・タイヤ溝の深さ…点検 F 2.2mm R 2.0mm
・タイヤ空気圧…調整 F 2.1bar R 2.3bar
・タイヤの磨耗…点検
・ドライブスプロケット固定プレート…点検
・Fフォークオイルの漏れ…点検
・サスペンションの作動・損傷…点検
・ホイールハブベアリング…点検
・リアホイール ラバークッションドライブダンパー…点検
・ステアリング・ベアリングの遊び…点検
・冷却・潤滑・油圧回路の漏れ…点検
・各灯火類…点検
・各部増し締め
・DDSテスター…診断
・インジェクション スロットルボディ同調…点検・調整
・排気ガス濃度測定 CO 7.0→4.4VOL %
HC 800→420VOL ppm
・メンテナンスマーク…消灯

バッテリーテスト結果 【正常】
テスト前…13.29V
テスト後…11.54V

走行距離 18,942km
------------
・6月にクラッチのオーバーホールとオイル交換をしていたので、今回はこの分が含まれてません。

・タイミングベルトの交換は本来20,000kmに達した時点でするのがセオリーですが、ほぼ達していたので今回同時にお願いしました。
どちらにしろ点検箇所に含まれるので工賃節約にもなりますね。


点検をお願いする数週間前にはこんなステキなグッズも頂きました♪

1311915076064.jpg
「黒でごめんなさい」なんて謝られちゃいましたが、むしろ「黒でありがとう」と言いたいですよ。
だってウチのハイパーモタードはnero(イタリア語で黒)ですから♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 5日 (日)

備え

ひさびさの更新(笑)
来週はロングツーリングなので、それに備えてオイル交換とスリッパークラッチのオーバーホールをお願いしにドゥカティ浜松にお邪魔してきました。
ちょうどドゥカティの新車種DIAVEL発売フェアをやってまして、
記念品のシースルークロックいただきました♪

1307280828364.jpg

表示部分が透け透けでオシャレな時計なんだけど、どうなっているんでしょうね?
さっぱりわかりません(笑)
パラパラと雨がきてたので試乗は後日。


そうそう、ドカ浜のプリティーセールス麻帆さんが無事出産されて赤ちゃんを連れて来てました。
かわゆいオトコノコ(^з^)-☆
大きくなればドカ乗りになるんでしょうね( ´ ▽ ` )ノ

整備内容
エンジンオイル交換 Shellウルトラ4 3.1L
オイルエレメント交換
ドレンボルトワッシャー交換
タイヤ空気圧 調整 F2.1bar R2.3bar
ドライブチェーン 清掃・給油
スリッパークラッチ 清掃・グリスアップ
クラッチプレート全体厚 調整 36.0mm→36.5mm
走行距離…17,949km

クラッチOH待ちの間、スイーツのサービスヽ(;▽;)ノ

1307280829798.jpg

美味しかった♪

サービスの八木さんにクラッチの状態を聞いたけど、走行距離相応の摩耗で変摩耗も無いみたいでした。

オイルも新しくなったし、クラッチもスカッと切れて気持ちイイ!
安心してツーリングに行けます。
あとは天気だけだな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年9月28日 (火)

STM フロントフォーク プリロード アジャスター

STMが8月一杯20%OFFのセールをやってましたので、
この機会にフロントフォーク プリロードアジャスターをドカ浜さんに取り寄せて頂きました。
STM フロントフォーク プリロード アジャスター

※STM COD.ST007/G01
STM フロントフォーク プリロード アジャスター
Regolatore forcella
Showa GRAFITE
Adjuster set for
Showa forks LEAD
ショーワフォーク用22mmグラファイト

STM フロントフォーク プリロード アジャスター

こいつをプリロードアジャスターに被せてイモネジを締めて固定。
早速アジャストしようと手を掛けると、ん?やけにガタガタと揺れて落ち着かない。
良く見ると固定用のイモネジが1/3も掛かっていないではないか(*_*)
STM フロントフォーク プリロード アジャスター
まぁ元々ショーワ製のフォーク用なのでジャストフィットしないのは想定の範囲内。
勿論ここで引き下がるほどヤワじゃありません♪

裏面を削って全高を低くすればイケる!…気がした(笑)

まずはどこのご家庭にも1台は必ず有るベンチグラインダーを格納庫から引っ張り出して用意する。
コイツで裏面を平らに削る。

グラインダーで削ると素手で持てなくなるくらい熱くなるので、水を汲み置きして冷やしながら作業する。
しかし同じ作業を何度も繰り返すので冷却水がお湯に成りかけた(笑)

段差は0.5-0.7mm残してみた。
STM フロントフォーク プリロード アジャスター
いや、特に意味はない。
だだ何となく。

しかし見た目が余りにも『素人が削りました』状態なので、
#1,000の耐水ペーパーで削った面を整える。
水を切らさないように一定方向に動かすとプロ顔負けの?綺麗な仕上がりになります。

一部アルマイトが無くなるけど裏面だし元々グラファイトなので目立たないから良しとする。

比べる。
STM フロントフォーク プリロード アジャスター
この位削った。

改めて被せてイモネジを締め固定させて完成。
今度は↓イモネジ↓が完全に隠れてるでしょ?
STM フロントフォーク プリロード アジャスター

一般家庭に有る道具で仕上げられます。
カンタンネ〜。

今まではアジャスターにレンチが入り難かったので(っていうかメガネレンチしか入りません)ハンドルクランプを外しハンドル全体を吊り上げてレンチで調整してたので面倒くさい事この上無し。

走って具合を確かめて帰って来てからセッティングを変えるとなるとリアルで日が暮れます。

これで休憩中等にセッティング変更する事が可能になりました。
メデタシメデタシ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月17日 (土)

これからはBMWのお世話になる事にしました。

いつものお気に入りルート、くんまに行くと常連さん同士でコミュニケーションしています。
その中でBMW F800GSに乗っている人が居りまして。

ソレを目の当たりにすると何とも洗練されたスタイルで見入ってしまう訳です。

ハイパーモタードは気に入って買った物だからホイホイ替えるのもどうかと思うけど、もう無理。

ちょっと高いんだけど、たまらずBMWのディーラーに発注しちゃいました。

待つこと約1ヶ月。
なかなか待たせるじゃないの。
まぁ仕方ない。なんたって気に入って買うんだからね、ガマンガマン。

本日御披露目する事にしました。

それではどうぞ!
 

















これからはBMWのお世話になる事にしました。


   























えっ?どこがBMWかって?













ここです。



これからはBMWのお世話になる事にしました。
 

ウインカー(笑)


これからはBMWのお世話になる事にしました。

これ、BMWの独占販売なので他では手に入らないらしい。

124879180762016416000_img_1279jp_2
※拾いモノの写真ですんまそん

では、早速取り付け〜
実は本体取り付け部分は何の加工も要らずポン付け出来ちゃいます。

しかし!肝心の配線用コネクター部は、車種はおろかメーカーも違うので当然合う訳ないっす。
ハーネスもオリジナルと比べると半分の長さしか無いので、その分延長しなきゃならない。

LEDウインカーのコネクター部分はどうせ使わない(型が合わない)ので根元ギリギリの所で切っちゃいます。

純正ウインカーのハーネスもコネクターから半分の長さの所でカットして延長ハーネスとして使用。

純正ウインカー本体側はオサラバ。

これらを繋いで、はい!出来上がり…とはいかないのね。

今回取り付けるBMWのウインカーはLEDなので電気抵抗が少ないのがメリット。
しかし悲しいかな、電気消費量が少過ぎるが故のデメリットがあります。
ハイフラ(ハイフラッシュ)つまりウインカーがアホみたいに早く点滅する現象が起きるのです。

これを解消するには、ウインカーリレーをLED対応型に交換するのが最も良い方法なのですが、ハイパーモタードのリレーはメーター内蔵型なので交換出来ません。

最終手段として純正ウインカーと同等の電気抵抗になるようにセメント抵抗を入れちゃいます。
これをやるとLEDにするメリットは全くなくなります。
いや少しだけあるか!
カコヨクなって電球の球切れがなくなります(。・w・。 )

抵抗値は自分で計算してね、と意地悪く言ってみる(笑)
ナーンテネ!
一応自分で弾き出した数値は写真に写ってます(後ほど掲載)ので拡大して読み取ってください。
但しそれを真似て不具合が起きても当方は一斉の責任を負いませんからね(笑)

一応自分は〇ツデムパ(電子パーツ屋)に行ってセメント抵抗、電気を一定方向に流すダイオード、セメント抵抗が入る太めの熱収縮チューブをそれぞれ買って来ました。
(汎用ハーネス、ハーネステープ、防水タイプギボシは過去に入手済み)

※バイクパーツ屋には汎用のウインカーレジスター(ポン付け出来る既成の抵抗セット)が売ってますので、お手軽に繋ぎたい人はそれを利用する方が手っ取り早いです。

これらをLEDウインカーと並列に繋がるように加工。

半田ごて持つの久しぶりだ(笑)

セメント抵抗は極性が無いので方向は気にしなくて良いけど、LEDウインカーには有るので、電気の流れが一定方向に流す為にウインカーの前にダイオードを挟みます。
ダイオードも繋ぐ方向が有るので要確認。

ココからは想像力をフルに使ってね。

純正コネクターが付いている延長ハーネスの+側を二股に分けて一方はセメント抵抗へ、もう一方はダイオード→LEDウインカーの順に+側へ繋ぎます。

LEDウインカーの-側から出るハーネスとセメント抵抗の出口を纏めて延長ハーネスの-側に繋ぎます。

絵を書くと分かりやすくなるけど、
絵心が全く無いので省略。個々で書いてね。

※LEDウインカーはプラス、マイナスを逆に繋ぐと点灯しません。
点灯しない時は逆に繋いでみてください。
ダイオードも方向が有るので逆に繋がない様に気を付けましょう。

配線に間違いない事を確認したら、お互いの線がショートしない様に絶縁しつつ熱収縮チューブとハーネステープを駆使して体裁を繕う。

LEDウインカーと自作レジスターは防水ギボシで結線。
ギボシのカシメは半田付けしてスッポ抜けない様に確実に加工。

LEDウインカーとレジスターは敢えてギボシで結線してます。
何故か?

それは…そうしないと付かないから(笑)

他に良い方法が有ったらコッソリ教えてね♪

あとは斜め後方から眺めてニヤニヤする。(コレはお約束なので必ずやる事!)

純正ウインカーに比べてかなり小さく成りますがBMW製のLEDウインカーも純正品なので車検的にも問題ない、でしょうヽ(´▽`)/

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧