カテゴリー「MONKEY」の13件の記事

2009年1月21日 (水)

モンキーが30年ぶりにデザインを一新!PGM-FIとキャタライザーによって、排出ガス規制に適合

タンク形状がティアドロップ型から少し変わりました。
Monkey02
でもパッと見、モンキーだって分かるのが良いです(笑)
でも高くなりましたねぇ(;;;´Д`)

●メーカー希望小売価格
モンキー     289,800円(消費税抜き本体価格 276,000円)
モンキー・リミテッド     309,750円(消費税抜き本体価格 295,000円)

=新型モンキーの主な特長=

●30年ぶりに燃料タンク、シート、サイドカバーを一新
燃料タンク・・・従来のティアドロップ形状から新たな台形デザインに変更
シート・・・コンパクトなデザインの燃料タンクとのバランスに配慮した新形状を採用。
フレームと足回り・・・従来モデル同様のコンパクトな構成を踏襲


●高い環境性能と、スムーズで力強い走りを両立した4ストロークエンジン
空冷・4ストローク・単気筒50ccエンジンに電子制御燃料噴射装置(PGM-FI)を組み合わせて採用
コンピューター制御で最適な燃料を供給
寒い朝などの始動を容易にし、スムーズな発進加速を実現
バッテリーが完全に放電した場合でも、キックによって始動ができる先進のシステムを採用
クランクシャフトに対してシリンダーをオフセット配置したオフセットシリンダーや、ローラーロッカーアームを採用

PGM-FIと、触媒装置(キャタライザー)の採用によって、国内二輪車排出ガス規制に適合。
約10%の燃費向上 100.0km/L(30km/h定地走行テスト値)を達成、
最高出力と最大トルクは、従来モデルに比べそれぞれ約10%の向上を実現

●カラーバリエーション
車体色2色を設定。
モンツァレッド
 :タンクは、クラシカルホワイトとシナモンベージュメタリックのツートーン

セイシェルナイトブルー
 :タンクは、アキュレイトシルバーメタリックとクラシカルホワイトのツートーン



●モンキー・リミテッドの特別装備
モンツァレッドの車体色に、下記の専用装備を施した質感の高い特別なモデル

・ 鮮やかなモンツァレッドにデジタルシルバーメタリックのツートーンカラーの燃料タンク。
・ チェック柄のシート表皮。
・ クロームメッキを、前・後フェンダー、ヘッドライトケース、サイドカバー、エキゾーストパイプカバーに採用。
・ “Monkey”のロゴを配した専用キー。

=モンキーの歩み=
1961年         多摩テックの遊園地の乗り物として「モンキーZ100」が製作される。(非売品)。
1963年    初の市販車「モンキーCZ100」が輸出用として生産される。
1967年    国内の初代モデルとして公道走行可能な「モンキーZ50M」を発売。前・後輪5インチサイズ。
1969年    前・後輪を8インチに拡大しフロントサスペンションを備えた「モンキーZ50A」を発売。
1974年    フルモデルチェンジした「モンキーZ50J」を発売。前・後サスペンションを装備。
1978年    ティアドロップ形状のタンクと大型シートを採用し発売。
1985年    新型エンジンを搭載。最高出力と燃費を高め、4速マニュアルミッションを採用。
1999年    キャブレターのセッティング変更などで、国内排出ガス規制(1次)に適合し発売。
2006年    モンキー発売40周年を記念した「モンキー・40周年スペシャル」を発売。
2009年    30年ぶりに外観を一新し、環境性能を高め発売。


原付バイク「モンキー」 が30年ぶりにデザインを一新!(nikkei TRENDYnet) - Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090120-00000008-nkbp_tren-ind

同社の「スーパーカブ50」と同じ排気量49ccの空冷4ストローク単気筒エンジンに電子制御燃料噴射装置を追加し、1リットル当たり100.0km(時速30kmの定地走行テスト値)の燃費を実現。最高出力は2.5(3.4PS)、最大トルクは3.4Nm(0.35kgm)。エキゾーストパイプに触媒装置を内蔵し、二輪車排出ガス規制適合とした。


Honda 50ccのレジャーモデル「モンキー」をフルモデルチェンジし発売
http://www.honda.co.jp/news/2009/2090119-monkey.html



主要諸元

   
通称名 モンキー
車名・型式 ホンダ・JBH-AB27
全長×全幅×全高(m) 1.365×0.600×0.850
軸距(m) 0.895
最低地上高(m) 0.145
シート高(m) 0.660
車両重量(kg) 68
乗車定員(人) 1
最小回転半径(m) 1.4
エンジン型式・種類 AB28E・空冷4ストロークOHC単気筒
総排気量(cm3 49
内径×行程(mm) 39.0×41.4
圧縮比 10.0
最高出力(kW[PS]/rpm) 2.5[3.4]/8,500
最大トルク(N・m[kg・m]/rpm) 3.4[0.35]/5,000
燃料消費率(km/L) 100.0(30km/h定地走行テスト値)
燃料供給装置形式 電子式<電子制御燃料噴射装置(PGM-FI)>
始動方式 キック式
点火装置形式 フルトランジスタ式バッテリー点火
潤滑方式 圧送飛沫併用式
燃料タンク容量(L) 4.3
クラッチ形式 湿式単板コイルスプリング
変速機形式 常時噛合式4段リターン
変速比 1 速 3.272
2 速 1.937
3 速 1.350
4 速 1.043
減速比(1次/2次) 4.312/2.384
キャスター(度)/トレール(mm) 25°00´/42
タイヤサイズ 3.50-8 35J
3.50-8 35J
ブレーキ形式 機械式リーディング・トレーリング
機械式リーディング・トレーリング
懸架方式 テレスコピック式
スイングアーム式
フレーム形式 バックボーン

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年1月16日 (水)

ちょっぴり工具を購入

リーズナブルな価格で工具を販売しているストレート
ストレート ホームページ
http://www.straight.co.jp/

新春セール?をやってたのでチョイと御邪魔を。

中には売り切れた商品もあったりして
多少悔しい思いもしましたが、
080116192540
5ピース ミニ・コンビネーションレンチ・セット
¥1,280→¥1,000

3/8”dr.250mmロッキング エクステンションバー
¥980→¥800

ちょっぴりながら安かったので、一応満足(笑)

ミニレンチは狭い所で威力を発揮するし、
エクステンションバーは短いのしか持ってなかったから。

ホントはスナップオンとか欲しいけど、
本職ならいざ知らず、趣味でアレは高すぎますからねf(^ー^;
スナップオンツールズ株式会社
http://www.snapon.co.jp/


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年8月28日 (火)

クロいヒョウをカウ

その日の仕事を終え、自動車に乗り込む。
ヤツに会うのは何日ぶりだろうか。
はやる気持ちを抑え静かに自動車を走らせる。

橋を渡り、立体交差を抜け、ヤツの居る店に辿り着く。
店の前に立つと、自動ドアがスッと開く。
正面には階段。
トントンと軽快な音を立てて上がって行くと、
その上段付近にヤツは居る。
可愛いヤツめ。

隣には友達のアルビノかい?
同じ形で全身真っ白。
こちらの様子を伺っている。

しかしそんな友達には目もくれないで
私は黒いヤツを手に取る。
おっと、暴れるんじゃないよ(笑)
思わず落としそうになるのをしっかり受け止め、
全身の様子を眺める。

ほう、最近のネコ科は水にも強いんだな。
感心し肉球付近もしっかりチェック。

ちょっと失礼して口の中も見せてもらうよ。
見た目より大きく開くんだね。
うん、これなら大丈夫、問題なさそうだ。

もう一度全身を見回す。
全体的にしなやかで申し分ない。

よし、決めた!君にするよ、ボクは。
店員を呼び、確認をする。

「こちらで宜しいですね?」
「ああ、間違いない。お願いするよ」

滞りなく会計を済ませ、店を後にする。

紹介しよう、彼を。プーマ デスモ ゴアテックス GORE-TEX
名前はPUMA DESMO GTX Black-Dark Shadow
UK 7 , US 8 , EUR 41 , 26CM  ¥39,900-
070828091911 070828091931 070828091947
070828183225 070828183303 070828183525
070828183348 070828183408 070828183620
070828183326 070828183436 070828183643
070828183807 070828183500 70726f647563742f6465736d6f322e6a706

※本文中、かなりの脚色がある事を御了承下さい(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年1月27日 (土)

モンキー用Tri-Coneサイクロン

あのヨシムラからモンキー用Tri-Coneサイクロンの新作が出ました。
しかもConeエンドにドライカーボン製を採用!!

F1などに使われているドライカーボン製品が
ついに手の届く所まで来たんですねぇ(しみじみ)

欲しい!・・・けど金が、、、ねぇ(汗)

工作基礎知識_2 より
・ドライカーボン(DryCarbon)は、樹脂を染込ませたカーボンファイバーを型に貼り込み、オートクレープという高温高圧釜を使い、圧力を掛けながら釜で焼き上げた物で、不必要な樹脂分が取り除かれ、軽く高強度です。しなやかで大変強い素材ですがデメリットも大変に多い素材です。完全手作りの職人芸ですので大変コストが掛かります。大変高強度が故に限界を超えるといきなり折れてしまう、曲がったり伸びたりすることはありません。

・ウェットカーボン(WetCarbon)は、ドライカーボンと見た目は同じですが、作り方はFRPのカーボン版です。FRP同様にカーボン繊維に樹脂を染み込ませ形成した素材です。難しい工程が無いのでコストは安く済みますが、強度、重量は、FRPと同程度です。

    

MONKEY / Z50J ('74~'06)Tri-Cone チタンサイクロン “Carbon End” TYPE-8
このTri-Coneサイクロンは、ヨシムラ初となるドライカーボン製Coneエンドを採用し、軽量化と高剛性の両立を可能にしました。又、性能面においては、全域でスタンダードを上回るパワー特製を実現。特に低中速域の力強い加速力と高速域での出力向上がMONKEYのポテンシャルを更に引き出します。

JMCA認定番号     -
近接排気騒音     83db/3,750rpm
サイクロン型式No.     -

こちらの商品は2007年3月下旬発売予定です。

TT  (チタンカバー)
¥71,400(税込価格) 6531
パーツNo.110-401-8N80
重量 (STD 1.9kg)     1.6kg
       
   
TC (カーボンカバー)
¥71,400(税込価格) 6532
パーツNo.110-401-8N90
重量 (STD 1.9kg)     1.5kg

---------------------------

ちなみにAD#1はTYPE-3を付けていますが、
極悪なほど五月蝿いです(汗)
性能は1-2を争うほど良いんですけどね(笑)

CYCLONE TYPE-3(手曲チタン)
JMCA認定番号     00110102
近接排気騒音     85db/3750rpm
サイクロン型式No.     H401HTB/サイレンサーステー打刻
重量(STD 1.9kg)     1.0kg

同時に☆ZOOMER、☆XR100 MOTARD、☆Ape100も出ていますので
気になる方はチェック!

 ●MONKEY / Z50J ('74~'06)Tri-Cone チタンサイクロン“Carbon End” TYPE-8
 ●ZOOMER ('03~'06)Tri-Coneサイクロン “Carbon End”
 ●XR100 MOTARD (~'06)Tri-Cone チタンサイクロン “Carbon End”
 ●Ape100 (~06)Tri-Cone チタンサイクロン “Carbon End”
 


ついでと言っては何ですが(汗)
こんなのも出てますよ>SR500/400乗りの方々

SR500/400 (~02)
ヨシムラKEIHIN FCR-MJN39キャブレター

ヨシムラFCR-MJNキャブレターにBIGシングルSR500/400用が登場。SRの鼓動はそのままに
 "さらなる速さ"と"走る楽しみ"を高めた、抜群の吸気効率によるアクセルレスポンスの
 良さを体感して下さい。ボディーはSRに合せたSilver Bodyを採用。バリエーションは、
 ファンネル仕様の他、ヨシムラ独自のDUAL STACK仕様、そしてBMCエアフィルター仕様の
 3タイプを設定しています。

DUAL STACK FUNNEL仕様
(シルバーボディ)
¥77,700(税込価格)

FUNNEL仕様
(シルバーボディ)
¥68,250(税込価格)

BMC FILTER仕様
(シルバーボディ)
¥77,700(税込価格)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月27日 (月)

HE゙AT SPRINTに乗っちゃった♪

先月は超多忙の為、参加出来なかったおはみや。
今月は天気も良く絶好のオープン日よりです♪

AD#1は前後バンパーの交換をお願いしていましたが、
塗装が間に合わず(涙)今回はお猿で参加です。
お猿も新年ツーリング以来でしたので、
エンジン掛かるかなと心配しましたが一発で掛かりました(^_^)v
一日の内でAX-1とお猿の両方乗ると変な感じがします。
お猿→AX-1はそんなに変わらないのですが、
AX-1→お猿はハンドルの幅、足のポジション他すべてが窮屈!
まぁ好きで乗ってるので良いのですが、(笑)
最初の数百mは慣れるまで気を付けないとね~。

出る時に、「何となく体調が良くないかな」と思うも、←ここ大事
そこはあれですよ、ズパーっと調子よく飛ばします。

いつもより30分くらい遅れて到着~。
天気の良い日曜日の午前中からビート馬鹿好きな人たちが雁首並べて集まってます。
今日は名古屋の新進気鋭ビートパーツメーカー、プロサービスの諸岡さんが
来て下さると言うことでしたので、+(0゚・∀・) + テカテカ +しながら待っていましたよ。
かるーいミーティングの最中(もなかでなくて)、訪れましたよ。>諸岡さんが。
ビートの姿をしているバケモノ!?HE゙AT SPRINTTとともに。
詳しくはこちら

実は前回パーツを買った際に、
ちょっとした行き違いで(発注の変更が重なり計算が複雑になってしまった)、
¥1,000借金していましたので、落ち着いたところでサクッと支払い。
そこで諸岡さんから嬉しい申し出。「これ、乗ってみる?」
AD#1「ええっ?いいんですか??」
諸岡さん「いいよっ」
実物は以前、某イベント会場でこの車を見た事有ったのですが、
まさかドライブ出来るなんて夢にも思ってなかったですよ。
しかし!いざ運転するには色々な覚悟が要るのです。

・ドアが開かない!ので跨ぐ(笑)
・シートは諸岡さんに合わせてあるからスライド無し!
・6点式シートベルトは体格の良い諸岡が厚着した時に合わせてあるので、たるんたるん(笑)
・極めつけはフロントガラス無しなので、まともに風を受ける(わぉ)

たまたまお猿で来ていたので、自分のヘルメットを被っていざ!goooo!!!!
まず、いきなり分かるのは、車の軽さ。
カーペットなんていう内装なんて余分なモノは有りません。
諸岡さん曰く、「エンジン本体はノーマル」らしいが、
軽いが故にパワーを感じます。
そしてボディ剛性、強力ってもんじゃありませんぜ、だんな!
ボディの溶接部分はステン・リベットで補強。
しかもコクピット内には至る所にステンパイプが張り巡らされ、
まるでスーパーセブンのパイプフレームのようになってます。
DSC02269 DSC02270
この為ドアが開かないようになってるのですね。

まずは直線。
「せっかくフロントガラスのない車に乗るのだから風を感じて乗らねば」と思い、
ヘルメットのバイザーを空けて走ると・・・風圧が凄い!
スピードを上げている訳ではないけど、
とにかく目もまともに開けられない位でしたのでバイザーは下ろしました。

サスは堅めなので慣れないとゴチゴチする感じがしますが、
その代わりコーナリングはゴキゲンです♪
リアタイヤが何故か?GIIIだったので、
AD#1のようなへたっぴな運転でもお尻を振りまくれます。
この車は公道ではなくサーキットで思う存分走ると、さらに魅力が分かるでしょうね。

そうこうしているうちに、
会長さんの家でバーベQをしつつS君のビートに細工を加えようという事になりまして。
って言うか、元々決まっていた話ですが。(笑)

おはみや会場の道の向かいに大きなショッピングセンターが有るので、
そこで食材をちゃちゃっと調達~♪

~つづく~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月 2日 (月)

新年一発目!MONKEYツーリング

今日は朝からシトシト、あいにくの天気になってしまいました。
MONKEY仲間である「す~さん」と「Fくん」で、
うんまいラーメン食いに行こうって話してたんだけどね~。。

しかし、お昼過ぎからお天道さんが出てきて路面も乾きつつあったので、
DSC02013
時間をずらして急遽出発!
Fくんは午後の中途半端な時間に用事が入ってたので、残念ながらキャンセル。
す~さんと、中国国家1級厨師が作るラーメンを食べに行きました。
お正月と言う事もあって、道も少し空いてました。

DSC02021
お昼の営業ギリギリに到着したので、
既に従業員の皆さんはお昼を食べていました。
しかも台湾語?のTV見ながら
(笑)そう!皆さんは台湾出身の方々なのです。
日本にいながら異国の雰囲気を味わえます。

早速メニューを見る。
DSC02015 DSC02020 割り箸、こんな風に割れた(笑)
AD#1は、台湾ラーメン、麻婆豆腐、若鶏の唐揚げ、ライス、漬け物のセット

DSC02017
す~さんは、台湾ラーメン、にんにくの芽と豚肉炒め、春巻き、ライス、漬け物のセット

このセット、この品数で¥700なんです!
しかもここのシェフは中国国家1級厨師の腕前なので、味も抜群!
いや~お世辞抜きで、ホント上手いんですよ。
5人からの宴会も、めちゃリーズナブルな価格(1人¥680)で受け付けてるので、
新年会ここでやろうか、なんて話してました。
駐車場も14台くらいは駐められるので、ビートでも来られるかなー(笑)

しかし一つ問題が・・Pタイルの床が中華店特有の油分でベタベタしていて、
歩くたびに「バリバリ」音を立てます(笑)

すっかり満腹になったところで、某湖一周しようという事になりまして。
当然?Oロードもコースに組み込まれる事に。
新年2日目にして2回目のOロードです(笑)
しかしお昼近くまで降っていた雨の影響で日陰部は乾ききれず、
ほとんどスリックなTT91では ちょっぴり危険な状況です。
まったり行きましたよ。

半分くらい行った所でデミオ?とマフラーを変えた型落ちクレスタに詰まる。
しばらくするとデミオが交差道に右折。
するとクレスタが俄然頑張り出しちゃって。
路面もまあまあの状態になってたし、面白そうだったから付いていく事に。

後ろから観察していると、、、

いつも見るビート乗りの皆さんとは違うライン・ステアリングの切り方に気付く。
あれ?この人・・危ない?と思っていたら、
たまたま有ったエスケープを結構なスピードで真っ直ぐ行ってしまった(苦笑)
え?え?俺?別に煽ってないッスよ~(汗)
ふ~、あぶねー。目の前で刺さらなくて良かった。

DSC02028
昨日初日を拝み損なった場所で一息ついてると、
R1や999、CBRなどのBIGバイク、インプ、インテTYPE-Rなど続々入っていく。
あらら・・・新年早々皆さんお盛んで(笑)

帰り道の街中を流しつつ途中のパーツショップでいい歳した二人が
よだれ垂らしながら新製品のパーツを眺めていたのはここだけの秘密♪

店を出るとすっかり暗くなってしまった。
ライトスモークのシールドを付けたAD#1は寒いのに開けていきましたよ。
だって見にくいんだもの。やっぱり安全第一ですからね♪
す~さんとは、帰り道が違うので途中の交差点でお別れ。
今日の走行距離148km。
す~さん、お疲れ様でした~。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2005年12月20日 (火)

「モンキー・リミテッド」を限定発売


Honda | バイク | モンキー | モンキー・リミテッド
monkey_index_main
Honda 50ccレジャーバイク「モンキー・リミテッド」を限定発売

そこにあるのは、緻密さと美しさの融合が生み出した、上質でクールな存在感。
全身をクロームメッキで仕立てられた、モンキー・リミテッド登場。
スペシャルなEQUIPMENT

●タンク、フロントフォーク、前後フェンダー、ライトケース、
チェーンケース、トップブリッジ、サイドカバー、
マフラープロテクターなど、随所にクロームメッキを採用。

●モンキー・リミテッド専用キー、
立体タンクエンブレム、シルバーとブラックのツートーンシート、
サイドカバーステッカー、タンクステッカー、シルバーフレームなど、
ボディーの上質さを引き立てる充実の専用装備。

●販売計画台数(国内・年間)     3,000台(期間限定受注)
●メーカー希望小売価格     262,500円(消費税抜き本体価格 250,000円)


--------------
欲しいけど・・・¥262,500・・・・高っ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月19日 (土)

モンキーのオイル交換

今年の夏はほとんど乗れなかったモンキー。今日はオイル交換を久しぶりにしました。
DSC01817
チューンド・モンキーの場合はパーツ自体を酷使していますので、
オイル管理にも細心の配慮が必要です。交換サイクルは約x00km。
早い!と思うかもしれませんが、この位がちょうど良いみたい。

DSC01819
AD#1の愛用オイルはNUTECのNC-20 MOTO BOOST 10w40です。
NC-20 MOTO BOOSTは現在カタログ落ちしてしまっているので、
もし残っているとしたら流通在庫のみとなるでしょうね。

さて、どうしたものかと検索してたらこんなの見つけました。
motoboostの代わりにブレンドすると同等の粘度を確保出来るようです。
nutecのスタッフ自身が回答してますので、ガセでは無いでしょう。
今の在庫が無くなったら、これにしますかね?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月20日 (月)

モンキー早朝ツー 050619


土曜日の夜に一本のメールが・・・
「日曜日早朝ツーリング行く?」
メールの主は先週、天気予報を裏切っての晴天により
朝ツーに参加出来なかったF君。

「なにー??」個人的にビートの朝ドラを企画してたのですが、
いつに無くF君のやる気にココは乗りましょう!
「ハッ!ガス入ってないや!」
時計を見ると10時、「まだ間に合うな、ガス入れにいこ」

~・~・~・当日朝・~・~・~
雲が掛かっているものの、ツーリングにはまずまずの天気。
今日の集合場所は、酒量販店駐車場。
ちょっと早く着き過ぎちゃったかな?
自販機にこんな張り紙が。
DSC01000
荒らし対策でしょう。管理者には深刻な問題ですよね。

しばらくするとF君、モンキーを押して登場。
なんだ、自宅近かったのね?位置関係がこんがらがってました。
住宅地での早朝アイドリングは禁物って事ですね。
F君の友人N君も緊急参戦です。
DSC01002
ここで、こんなのも登場。
DSC01008
※写真を撮るのを忘れてしまったので自宅で撮影しました。
先週F君は韓国出張でしたので、お土産戴いちゃいました。
ありがと~~!

今日はADもF君も諸事情により余り時間がありませんのでショートツーリングです。
おっと、N君ガス欠気味なのでゴクリと補給。
DSC01003

今回は、ほとんど直線です。
目的地はこんな感じ。歩行者専用の大きな橋があります。
DSC01004

こちらは風力発電の風車。
DSC01005
風がほとんど無いので全然回ってません。
ここではF君の韓国出張珍道中で盛り上がりました。

後は順調に集合場所に戻します・・と行きたい所ですが、
N君が途中でスト~ップ!!
ADもF君も心配になって引き返します・・が、N君何事もなく再スタート。
その後も順調に走行。ん?ん?何だったんだ??

集合場所に戻ってからN君に問うと、
「ぞろ目になったのでケータイで写真撮ってた」との事。

なーんだって事で今回はこれでお開き。
F君、N君お疲れ様でしたー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月12日 (日)

某湖ソロツー

今日は、梅雨に入ったというのに良い天気♪
前日あれだけメールにて「晴れたらツーリングね」
なーんて打ち合わせしておいたのに
飲んべえのF君は雨になると思いこんで飲みすぎで二日酔い、
す~さんは前回のツーリングで懲りた(?)セッティングを、
大幅変更してる途中だったのが多忙で間に合わず。

結局集合場所に来たのは自分だけ・・・。
天気予報見とけよなぁ~、最近良く当たるんだからさぁ~。

っつー事で急遽ソロツーと相成りました。
アーア、モッタナイネー、コンナ イイテンキ。
DSC00983

で、今回は某湖一周。
ここは、軽いワインディングが数カ所有ったり、
湖でマリンスポーツを楽しんでいる所を横目で見つつ流したり出来るので、時々ソロツーしてます。
こんな感じ
DSC00985 小さすぎて判らないけど、今日はボートに引っ張られて水上スキーをやってる人が居ました。

一応写ってる、と思う。

外周を少し外れると、走り甲斐の有るワインディングに入ります。
木陰に入ると、前日の雨で路面が濡れているので気を付けて、と・・・。

自販機の前で小休止していると電線にとまったツバメが
ツチクッテ ムシクッテ シブーイって言ってます。そろそろ渡る準備かな?
DSC00986

上から湖が一望出来るんですよね。ココの景色も好きなポイントの一つ♪
写真を2まい並べておきますので、脳内でパノラマ写真に変換して下さい。
DSC00990 DSC00989

で、帰ってきたら、こんな↓感じになってたという訳。

| | コメント (0) | トラックバック (0)